メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

失望しないための頭の使い方【Stylish Ideaメールマガジン vol.102】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

失望しないための頭の使い方

今回のイギリスの国民投票の前後で、世界中の相場がかなり大きく動きました。

関連するニュースを見ていると、その中に「失望」という言葉が何度も出ていることに気がつきました。

もちろん、これは投資の文脈で使われていますが、良い機会なので、失望については考えてみます。

投資の以外でも、私たちはいろいろな場面で失望します。仕事で、家庭で、友人関係で。

では、なぜ私たちは失望するのでしょうか。
「失望」とは「望みを失う」と書きますから、そこに何らかの期待があることがわかります。

事前に期待があるからこそ、その期待に満たない状態になった時、失望するのです。

では、失望しないようにするためには、どうすれば良いのか?

期待をしないのは、わかりやすい対応策です。

ただ、特に仕事の場面では、何も期待せず仕事を進めることはあまり現実的ではありません。

考えるべきは、複数の可能性を考えることです。

ひとつの可能性を考えている限り、「そうなってほしい」という期待は高まります。

一方、複数の可能性を考えると、将来に対する期待は分散し、冷静さを持つことができます

そして複数の可能性を考えることで、

「もし○○になった場合は、どうしよう?」
「そうではなく△△になったとしたら?」

という頭の使い方に切り替わっていきます。

「想定外」のことが日常的に起きている現代、複数の可能性を考える癖をつけていきましょう

◆参考セミナー◆
⇒ 将来の複数の可能性を考えるためにはシナリオプランニングが最適です。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「イノベーション実践論」

改めていろいろな視点からイノベーションを考えるため、今はこの本を読んでいます。

・『イノベーション実践論』

200ページに満たない本で、記述もそこまで難しくはないのですが、読み応え抜群の一冊。

「ここに書かれていることを応用するには?」という視点で、実際に使う場面を想定しながら読み進めるのがお薦めです。

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る