メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

シナリオプランニングはテーマが9割【Stylish Ideaメールマガジン vol.117】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

シナリオプランニングはテーマが9割

タイトルは、なんとなく最近の新書っぽく(笑)

ネタのような書き方をしていますが、あながち冗談ではありません。

弊社の公開講座には、シナリオプランニングの本を読んだものの、いまいち、どうやって使えば良いかわからなかったので…という動機で申し込んでくださる方がいます。

そういう方の進め方を見ていると、シナリオを作るプロセスは理解されているものの、そもそものテーマ設定でつまづいていることが非常に多いのです。

シナリオプランニングが良い手法だとはいえ、何も考えずにプロセスをこなしていくだけで、今まで思いつかなかったような画期的なものが飛び出てくるわけではありません。

Garbage in, garbage out. という言葉のとおり、インプットとして入れるデータがイマイチなら、出てくるアウトプットもイマイチになります。

シナリオプランニングのプロセスで言えば、外部環境要因を考える部分で、普段とはあまり変わらないようなものを選んでいれば、出てくるシナリオは変わり映えのしないものに。

ただ、それ以上に気をつけなければならないのは、一番最初のテーマ設定の部分です。

ここで視点を引き上げるような、普段よりも一段高い内容のテーマ設定をしないと、続くプロセスすべてに影響が出てしまいます

11月から開催するプロコースでは、6回のうち1回をテーマ設定の回に充てるほど、テーマ設定はとても重要なものなのです。

そのため普段の公開講座でも、後ろの時間は気になるものの、テーマ設定は妥協せずに時間を取って「良い」テーマを設定できるよう個別にとことんコメントしています。

せっかく時間をかけるのですから、ぜひ普段なら考えない未来を見ることができるようなテーマ設定を意識してみてください。

◆参考セミナー◆
⇒ 1日の集中講座でもテーマ設定には妥協せずに取り組みます。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「職場の問題地図」

今読んでいるのは、リアルな書店で本を手に取る大切さを改めて痛感したこの一冊。

・『職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方』

Amazonでサブタイトルや書影だけを見ていて、やや気になったものの「残業」という言葉に引きずられ、今の自分にはそんなに関係ないかと思ってしまっていました。

その後、書店で手にとってパラパラ見たところこれは買いだと考えを改めました。

何より最初の「5つの要素で仕事をとらえる」がいい。言われてみればそうなんだけど、普段からそこを意識できているかは大きな違いです。

組織開発やプロジェクトマネジメントと言うとなんだかすごいことをやっているようですが、何をやるにしても、結局、この5つの要素を頭に描けているかどうかで、そういう考え方や手法を活かし切れるかどうかが決まる気がします。

読んでいて楽しい本作りにもなっていますので、深刻になりすぎず、現状を改善する糸口を探したい人にはお薦めの一冊です。

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る