メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

そのタスクは目標実現につながっているか?【Stylish Ideaメールマガジン vol.124】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

そのタスクは目標実現につながっているか?

冒頭でもご紹介した「長期計画 徹底作成」講座、先日大阪で開催し、無事に終えることができました。

一部の方からすでに感想をいただきました。

・<今回作成した5年計画で仕事の方向性が定まりました>

・<自分が見たい未来に向かって動き出すことへの意欲が非常に高まりました>

皆さん申し込む前の期待はさまざまでしたが、無味乾燥なタスクと日付だけの計画を立てるような講座ではないところを評価していただけました。

感想を見ていただいてもわかるように、講座内ではさまざまなワークに取り組んでいただきます。

一見すると計画とは直接関係ないようなワークも入っているのですが、なぜ、そんなことをやるのか?

その意図を的確に表していただいている感想をいただきましたので、その部分を抜粋します。

講師が冒頭で「忙しくても自分の目標に近づいていると思えたらがんばれる」と言われた時、確かにその通りだと思いました。

・<今回作成した5年計画で仕事の方向性が定まりました>

世の中にタスク管理の話しはたくさんありますが、多くの場合、抜けているのがこの視点です。

今日一日を振り返って、

「どれだけのタスクを終えることができたのか?」

と振り返り、その消化率を考えることは、実はあまり重要なことではありません。

より重要なことは、今日一日を振り返って、

「今日終えたタスクのうち、自分の長期目標の実現につながっているものはどれだけあったのか?」

を考えること。

日々忙しく働き、たくさんのタスクをこなすと、それなりの満足感はあります。

しかし、その行動が自分の目標や夢の実現とはまったく関係のないものであればどうでしょうか?

短期的には満足感はあるかもしれませんが、長期的に見れば、忙しいばかりで、まったく自分の理想の状態に近づいている感じがしない…。

そういう状況を長く続けられるほど、私たちは強くありません。

仮に続けられたとしても、どこかで必ず支障が出てきてしまうはずです。

そのような状況に陥らず、日々の終わりに

「今日終えたタスクのうち、自分の長期目標の実現につながっているものはどれだけあったのか?」

という問いかけに自信を持って答えるためにも長期計画を描くことは欠かせないのです。

◆参考セミナー◆
⇒ 日々の終わりに自信を持って先ほどの問いに答えられるようになります。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「リーダーシップ入門」

今年に入って構想し、体系化して動かし始めたシナリオプランナー養成講座。

今月末から最上級コースである「プロコース」を大阪でスタートさせます。

全6回の構成で進めていく講座の最初のテーマは「リーダーシップ」です。

その参考文献として指定したのが、この本。

・『リーダーシップ入門』

神戸大学大学院経営学研究科の金井壽宏先生の優れたリーダーシップ入門本です。

入門と入っているとおり、さまざまな理論がバランス良く紹介されている上、自分に当てはめて考えることができるエクササイズがたくさん用意されているため、内容を自分に引きつけながら読むことができます。

リーダーシップを学びたい人はもちろん、仕事などでリーダーとしての役割に就いている人、期待されている人にはオススメの一冊です。

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る