メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

シナリオプランニングの先に描くもの【Stylish Ideaメールマガジン vol.130】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

シナリオプランニングの先に描くもの

シナリオプランニングを実施する場合には適切なテーマを設定することが大切だということは以前にお伝えしました。

・シナリオプランニングはテーマが9割【Stylish Ideaメールマガジン vol.117】

では、そのテーマはどのように設定していくと良いのでしょうか。

結論から言えば、今回のタイトルにあるように意図を明確にすることがとても重要です。

言い換えればシナリオプランニングをやった後、その結果を何につなげていきたいのかを明らかにしないことには良いテーマは作れません。

例えば、弊社がご支援させていただいているシナリオプランニングプロジェクトでは

・新規事業開発
・新規研究開発テーマ(ロードマップ)検討
・投資計画検討
・ビジョン作成

などにつなげていくものが多くなっています。

この場合、同じ組織でシナリオプランニングを実施しても、それを事業開発につなげていくのか、あるいは研究開発につなげていくのかによって最終的に設定されるテーマは変わってきます。

表現上同じテーマになることもありますが、実際には何につなげていくのかによって

・外部環境の選び方
・重要な要因の判断基準

などが変わってきてしまいます。

そのため、シナリオプランニングに取り組む前に最終的な意図や目的を明確にしておくことは非常に重要です。

さらに言えば、意図や目的を明確にする際、

「シナリオプランニングの結果を新規事業開発につなげていきたい」

という事実だけで整理するのではなくて

「シナリオプランニングの結果を新規事業開発につなげていき、お客さまに選ばれ続ける企業にしていきたい」

というように、自分たちの想いまで乗せることができると、実際の取り組み方がぐっと生き生きしたものになってきます。

もちろん、そこで設定した意図や目標に縛られ、物の見方が偏ってしまってはいけませんが、シナリオプランニングの取り組みを終えた先をイメージするだけではなく、シナリオプランニングで描いた世界の先までをイメージしてみると、プロジェクト自体が
より意味のあるものになってくるはずです。

万が一、今のプロジェクトがなんとなくで始めてしまったものであれば、

「ここで描いたシナリオの先に自分たちは何をイメージしたいのか?」

と投げかけてみると良いかもしれません。

◆参考セミナー◆
⇒ 先を描きやすくするために全体像を丁寧にお伝えしていきます。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「論点思考」

全6回で進めているシナリオプランナー養成講座プロコースの第2回目は、まさにコラムでもお伝えしたテーマ設定を扱っていきます。

プロコースでは毎回事前課題本を出していますが、テーマ設定に関しての事前課題本はこちら。

・『論点思考』

「正しい問題を解く」と言うと当たり前のように聞こえるかもしれませんが、それが当たり前ではないことを整理しつつ、具体的な対応方法まで学べるのがこの一冊。

シナリオプランニングに限らず、どんな仕事をしている人にも必須の一冊です。

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る