メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

日本のことを考えるシナリオプランニングでの海外情報の扱い【Stylish Ideaメールマガジン vol.214】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

日本のことを考えるシナリオプランニングでの海外情報の扱い

国内のお客さまとシナリオプランニングのプロジェクトをやる場合、シナリオを作成するテーマは日本を対象としたものがほとんどです。

海外に拠点があるお客さまでも、特に初めてシナリオプランニングに取り組む場合は、シナリオテーマをつくる際の注意点を踏まえて、テーマを日本にする場合が多くなっています。

(「シナリオテーマをつくる際の注意点?」と思った方は、ぜひ、こちらの実践ガイドブックをご覧ください。

・シナリオプランニング実践ガイドブック 無料ダウンロード

例えば海外にも拠点があるメーカーさんでも「2030年の日本における製造業」というようなテーマでシナリオを検討します。

海外に拠点がある場合でもそうなので、日本市場を主にしているお客さまの場合は、まずは迷うことなく日本をテーマに考えます。

このように進めていくと、必ず出る質問が、「このグローバル化が進んだ時代に、海外からの影響はまったく考えないのか?」というものです。

そういう場合、いつも「海外からの影響も考えます」と答えます。

たしかにテーマは「日本」にしていますが、だからといって、シナリオをつくる際に収集する外部環境要因は日本のものだけにとどまりません。

仮に日本国内だけで事業をやっていたとしても、関税や為替、気候変動、海外での技術開発など、海外からの影響を避けることはできません。

そのためテーマは「日本」にしていても、海外のことを一切考えないわけではないのです。

むしろ、最終的な軸にはならなかったとしても、一度はあえて海外のことを軸として考えてみて、普段なら考えていない海外からの影響にまで目を向けてみることは大切です。

シナリオプランニングに取り組むことは、自分の思い込みに気づいたり、普段なら目を向けていない点にまで目を向けるきっかけとなるもの。

そのため、たとえ「日本」がテーマでも、いや、「日本」がテーマだからこそ、海外にまで目を向けることが必要なのです。

◆参考セミナー◆
⇒ 自社が置かれている環境を踏まえた最適なテーマのつくり方を学ぶことができます。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

編集後記「上海出張」

冒頭でも触れたとおり、先日3泊4日で上海に出張に行ってきました。

担当しているお客さまが置かれている外部環境の兆候をより深く理解することが今回の出張の目的でした。

現地のコーディネーターの方のサポートもあり、4日間という短い期間でしたが、多くの企業を訪問し、ヒアリングを行い、生々しい今の上海の状況を知ることができました。

今回のコラムでも書いたとおり、日本のことを考えるにしても、海外の影響は無視できません。

その影響を分析するため、デスクトップ調査などでいろいろと調べることもできますが、やはり現地に行ってみることは大切だなと改めて感じた上海出張でした。

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る