メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

自社を理解するための「図」と「地」とシナリオプランニング【Stylish Ideaメールマガジン vol.207】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

 

自社を理解するための「図」と「地」とシナリオプランニング

明日2019年4月1日には新しい元号が発表され、5月1日に改元となり、新しい元号に改められます。

そういうタイミングで、昨年から今年にかけて、「平成を振り返る」というような趣旨の本や記事などをたくさん見かけました。

その手の論考の中には硬軟いろいろなものがありましたが、中でも

・平成の時代を失敗ととらえるもの
・良かった時代を取り戻そうというもの

は、書き手・語り手に限らず、いろいろな方が書いているのを目にしました。

そのような大きなテーマについてだけではなく、一企業のことを語る時でも、同じようなトーンで話してしまうことが少なくありません。

わかりやすいのは、その企業において、もっとも業績が良かった時代を振り返って、

「もう一度、あの時の自社を取り戻そう!」

というトーンの話しになり、それに沿った戦略立案や目標設定なども行われるというもの。

そういう話しを見聞きする度に思い出すのが、「図」と「地」の区別です。

いろいろな文脈で使われている用語なので、今回はそれぞれの専門的な解説というよりも、わかりやすい定義を集めたページをご紹介します。

図と地(ズトジ)とは – コトバンク

このページに載っていることなどを踏まえると、この「図」と「地」というのは、

・図:注意が向けられる対象
・地:その背景となるもの

と言うことができるでしょう。

上で紹介したページの中ほどにもあるルビンの壺の絵は有名です。

この考え方は、いろいろな分野でも応用され、例えば、松岡正剛氏は、

・図:コンテンツ
・地:コンテキスト

と区別しています。

私たちが情報に触れる際、図(コンテンツ)には目を向けていろいろなことを考えるものの、その背景の地(コンテキスト)には無自覚である場合が少なくありません。

そして、上で紹介したような「原点回帰」の類の話しになっている場合、特にこの「図」と「地」に目を向けて中身を考える必要があります。

なぜなら、「原点回帰」のような話しをする際、良かった状態の「図」には目を向けているものの、その背景となる「地」、つまり当時の環境にまでは目を向けられていないことが多いからです。

企業の業績を考える場合の「地」には、大きく分けて内部と外部の環境があります。

例えば、「昔は良かった」という場合、社員数も限られていて、進取の精神に富んだ人がそろっていた時代と、それを経て、大企業となり、安定を求める人が大半を占めるような時代は内部環境としての「地」が大きく違います。

また、国として成長過程にあり、多くの人が同じ製品を求める時代に行う事業開発と、国としての成長は頭打ちとなり、我々の周りには物があふれている時代に行う事業開発は、外部環境としての「地」が大きく違います。

もちろん、昔の良い時代を懐かしむことを否定するものではありません。

しかし、懐かしむ感情ばかりを優先してしまい、その感情に引っ張られるような形で、今の時代の意思決定を行ってはいけません。

懐かしき過去の良さである「図」を丁寧に分解し、平行してシナリオプランニングなどの手法を用い、今の時代、そしてこれからの時代の「地」も冷静に読み取る

その作業を通して得た「原点」は、時代を超えて通じる、その企業本来の「原点」であるはずです。

同時に、その「原点」だけでは足りない部分も冷静に見つめることができ、新たに育てるべき自社としての「原点」も見えてくるはずです。

このような作業を通して得た「原点」に回帰し、今、そしてこれからの変わり続ける時代における自社にとっての「良い」状態を目指して、各自がオーナーシップを持ち、戦略を実行する。

新しい時代を迎える今、「古き良き」に拘泥せず、「常に良くなり続ける」ことを全員で目指していく企業が増えていくことを願ってやみません。

◆参考セミナー◆
⇒ 新しい時代に「常に良くなり続ける」ための基礎となる手法を学んでいく講座です。

公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

 

編集後記「年度末終了」

何度かメールマガジンでもお伝えしているように、弊社の会計年度では12月が年度末。

そのため、自社としては年が終わる頃に、個人と会社の1年の区切りになります。

ただし、3月末が年度末のお客さまが多いため、どうしても特に3月は毎年、繁忙期になります。

今年は特に最後の2週間がなかなかハードでした。量が多くてハードというよりは、対応しなければならないものの大きさに圧倒されそうになりながらも、なんとか乗り切ったという感じです。

緊張感からも解放されて、少しずつ、冷静に、ここ2週間に取り組んできたことを振り返ることができています。

ただ、今日のコラムの内容ではないですが、いつまでも「終わった感じに」に浸るのではなく、また次に向けての取り組みを進めていかないといけませんね。

明日から新年度という人も多いかと思います。気分も新たに、明日からもがんばりましょう!

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る