メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

成果を明確にすることが学習につながる【Stylish Ideaメールマガジン vol.228】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

成果を明確にすることが学習につながる【Stylish Ideaメールマガジン vol.228】

前回のメールマガジンでは、「成果」と「成果物」の違いをご紹介しました。

・シナリオプランニングで成果物から考えるという勘違い【Stylish Ideaメールマガジン vol.227】

私たちが日々仕事をしている中では、「成果」よりも「成果物」に意識を向けている時間の方が多いかもしれません。

現場で商品やサービスを開発する立場の人や、セミナーやコンテンツなどの企画を担当する人は、特にそうでしょう。

しかし、だからといって「成果」を考えなくても良いというわけではありません。

なぜなら、担当している「成果物」の成否を判断し、その判断を元に学習につなげていくためには「成果」の理解が欠かせないからです。

例えば、自社で法人向けの公開セミナーを企画して、実施する場合を考えてみましょう。

知恵を絞って企画を考え、プロモーションをし、セミナー当日、20社の企業が参加してくれました。

さて、「成果物」であるこのセミナーは、成功したと言えるでしょうか?
20社という参加数は十分だと言えるでしょうか?

それは、このセミナーの「成果」の設定によって変わってきます。

仮にこのセミナーの「成果」が、

「過去に自社との取引がなかった企業との接点を増やす」

というものであれば、20社という数字ではなく、参加企業のうち、過去の取引がなかった企業が何社いたのかを調べる必要があるでしょう。

さらに、その結果を踏まえて、成果を達成できたのであれば何か良かったのか、達成できなかったのであれば何を改善すべきかを考えることも忘れてはいけません。

これが組織にとっての学習につながります。

次に同じようなセミナーをやる場合はどうするか、あるいはセミナーが効果的でない場合は他にどんな手段を使っているかを考えるきっかけが「成果」になるのです。

このように「成果」を考えることは、取り組んでいる「成果物」の成否を判断し、継続的な仮説検証を進める上で欠かせません

「成果物」の結果を適切にマネジメントし、次につながる学習につなげていくためにも、「成果」とあわせて考えることを徹底しましょう。

◆参考セミナー◆
⇒ 「成果物」と「成果」のつながりから組織マネジメントや組織学習のつながりを考えることができる講座です。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

編集後記

今週から新しい年度という人も多いと思いますが、NHKラジオでやっている語学講座も今週から新しい年度の講座が始まりました。

各講座15分程度と短いながら、なんらかの講座が毎日放送されています。

こういうときだからこそ、日々のリズムをつくるために、活用するのも良いかもしれません。

最近はオンラインでも聴くことができますね。

・NHKラジオ らじる★らじる

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る