メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

英語でワールドカフェ【Stylish Ideaニューズレター vol.6】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

英語でワールドカフェ

今週の火曜日、お声がけをいただきGlobal Leadership Cafeというワールドカフェイベントに参加してきました。

・Events | Global Leadership Partners Asia
http://japannvc.com/events/

その名の通り、グローバルリーダーシップをテーマとしたワールドカフェで、参加者は日本人の方がやや多いものの、3分の1以上が海外の人。

出身国も多様で、アメリカはもちろん、わたしが一緒のグループになった人だけでも、スウェーデン、フィンランド、インド、ニュージーランド、ドイツなど、多様なメンバーとの貴重な対話の機会を体験することができました。

リーダーシップが大きなテーマですが、日本人としてグローバルにどうリーダーシップを発揮できるのかなど、日本語でもすんなりとは意見が出てこないようなお題での対話でした。

さて、何を言おうかとのんびりしていたら、最初のテーブルのホスト役が、とにかく早口なインド人。始まってすぐに自分の意見をどんどん言って、同じテーブルの人に「どう思う?」「そういう経験はある?」とたたみかけるような質問を繰り出す。

そういえば、だいぶ前に「このままでいいのかな、自分は」とふと考えてしまったきっかけが、ソウルで開催されたとあるカンファレンスで、意気揚々と自分の国のエネルギーの将来を語るインド人の存在だったことを思い出しました。

どうやらわたしは、何かの節目には、インド人による強烈な刺激を受けるという星の下(?)に生まれているようです。

すっかり鈍った自分の英語は、そのインド人のおかげでさんざんに刺激され、それ以降のテーブルでは比較的リラックスして英語での対話をすることができました。

そしてあっという間に最後の振り返り(ハーベスト)になり、それぞれのインサイトを披露し合いましたが、ああいう深まり方をするワールドカフェもなかなかないだろうなと思ってしまうくらい、充実した振り返りの時間がありました。

ワールドカフェに参加するのは今回が初めてではないですし、わたし自身、ファシリテーター側として参加することもありましたが、稀に見る素晴らしいワールドカフェでした。

ちなみに、例のテーブルホストのインド人、振り返りの時に、良い意見が出てくるとささやくように beautiful とつぶやきながら、その意見をメモしていました。

残念ながらわたしの意見に beautiful はもらえませんでしたが、多様な個性に触れながら、対話をし、意見を深めるというお手本のようなワールドカフェに参加できたのは、本当に良い機会でした。

【「ワールドカフェ」を理解するためのブックガイド】
ワールドカフェって何?という方はこちらを一読されるのが良いと思います。

・『ワールド・カフェをやろう!』

余裕があれば、これも。

・『ワールド・カフェ 〜カフェ的会話が未来を創る〜』

とはいえ、仮に本を読めていなくても、機会があれば、ぜひ参加してみることをお薦めします。参加してみなくては、その価値がわからないものだと思います。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

編集後記

明日(というか今日)から山形に出張に行ってきます!

庄内でエネルギーやコミュニティについての対話をするのが一番の目的。

もちろん、美味しい食事とお酒も楽しみ。

また次回、こちらでも様子をお伝えしますね!

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る