メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

ビジネスモデルの3要素【Stylish Ideaニューズレター vol.040】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

ビジネスモデルの3要素

◆ビジネスモデルキャンバスをきちんと使う
先日、弊社のお客様先でプロダクトマネジメントの社内研修を実施しました。

内容としては、公開セミナーとして開講している「プロダクトマネジメント基礎講座」と「顧客理解から始める製品開発」でお伝えするものをベースにしながら、お客様の状況にあわせてカスタマイズしたものです。

この中では、ビジネスモデルキャンバスを活用して、顧客のベネフィットを徹底的に考えていくというワークがメインになります。

『ビジネスモデル・ジェネレーション』が発売されて以来、ビジネスモデルという言葉もだいぶ知られるようになりましたし、ビジネスモデルキャンバスを活用することもさまざまな機会で見られるようになりました。

例えば、ビジネスモデルキャンバスを使って、自分たちが考える理想の事業を描いてみるというようなワークショップもたくさん開催されています。

たしかに、そういう使い方も楽しいですし、ビジネスのことを考える入口としても良いものだとは思います。

しかし、以前にも書きましたが、このようなフレームワークは、十分に考えが深まっていなくても、各項目を埋めようと思えば埋めることができます。

そういう意味で、特に実際のビジネスの現場では、使い方を間違えるとかえって逆効果になってしまうこともあります。(詳しくは過去のコラム↓をご覧ください)

・「ビジネスモデルの仕掛けと仕組み」(プロダクトマネジメント002)

そのため、弊社が提供する研修やセミナーでは、キャンバスの各項目を埋めるために、いろいろな観点から検討し、より深く顧客や自社が提供する価値を理解するための問いを盛り込んでいます。

◆ビジネスモデルの構成要素
プロダクトマネジメントの研修やセミナーなどでビジネスモデルの話しをすると、

「ビジネスモデル、ビジネスモデルって言うけど、プロダクトマネジメントって名前がついているくらいだから、とりあえずきちんとした製品や商品ができればいいんじゃないの」

という声が出てくることもあります。

実際、世に出ている商品開発や製品開発の本を見てみると、個別の製品を開発するための考え方やプロセスだけを紹介しているものも少なくありません。

しかし、どんなに素晴らしい製品を作ったとしても、そこから収益が上がらなければ、企業としては問題です。霞(かすみ)を食べて生きていくわけにはいかないのです。

そこで考えなくてはいけないのがビジネスモデルです。

『なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編』を読むと、ビジネスモデルの構成要素について考える箇所があります。

・『なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編』

この中の先行研究の整理をしている部分で、ビジネスモデルを次の3つの要素から構成されるという案を紹介しています。

・Who
・What
・How

なんとなく良い製品を作るという漠然とした考え方ではなく、製品を必要としている人を見極め(Who)、その顧客に対してどういった価値を届けるのか(What)考え、それを自社やパートナーとあわせて、どう実現するか(How)考えることが必要だというわけです。

これはビジネスモデルキャンバスを見ると一目瞭然で、あのキャンバスの中心にある「価値提案(バリュー・プロポジション)」はこのうちの What に相当する部分です。

そして、キャンバスの右側では顧客セグメントや顧客との関係、チャネルなどの Who のことを考え、左側ではパートナーや自社の活動、リソースなどの How のことを考えるようなものになっています。

一見、どうにでも使えそうなキャンバスですが、顧客に価値を届け、さらに自社にも収益をもたらすことを漏れなく考えるために必要な要素が詰まっています。

これまで何となく使ったことがあるという方も、改めて見直し、使い倒してみてはいかがでしょうか。

・『ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書』

公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

編集後記「ナショナルジオグラフィックの壁紙」

公開セミナーの案内を見ていただくとわかるかと思うのですが、7月までは新しくお届けする予定の講座で予定が詰まっています。

平行して個別のプロジェクトもありますので、ここ数ヶ月はひたすら資料を探して、読み込んで、人に話しを聞いて、それを資料に落とし込むという、頭の中の循環作業を何度も何度も。

作業をし続けて疲れたとき、本やディスプレイからふと目を上げると雄大な自然が広がっていればいいんですが、残念ながらただの曇りガラスの窓(笑)

そこでせめてディスプレイの壁紙くらいはということで、最近はナショナルジオグラフィックの壁紙をちょこちょこ使っています。

・写真 – 壁紙ライブラリー – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

おすすめですよ!

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る