【受付終了】VUCA labo #006 篠原稔和さん「不確実な時代のデザインの役割」(9/30開催)

スタイリッシュ・アイデア代表の新井が事務局を務めるVUCA laboでは毎月ゲストをお呼びして、不確実な時代に必要な頭の使い方を考えていきます。

9月30日に開催する第6回はソシオメディア株式会社の代表であり、人間中心設計推進機構の理事長でもある篠原稔和さんをお招きして、現在のような先が読めない時代における「デザイン」をテーマにお話を進めていきたいと思います。

セミナーの詳細およびお申し込みは下記よりご確認ください。

以下、セミナー詳細です。

私たちは仕事や日常のさまざまな場面で「デザイン」という言葉を、以前よりも多く見聞きするようになってきました。

今回のゲストである篠原稔和さんが監訳された『デザインマネジメント原論』に「5年、10年前であれば、デザインを有意義な活動の源と見なすことなど、まず考えられなかったことだ」と書かれているとおり、私たちが「デザイン」という言葉に対して持つイメージは大きく変わりつつあります。

このように「デザイン」に対する私たちのイメージが変わりつつあるものの、それを使いこなすとなると、自分たちには関係ないと思ってしまう人や組織も多いかもしれません。

今回のVUCA laboでは、ソシオメディア株式会社の代表であり、人間中心設計推進機構の理事長でもある篠原稔和さんをお招きして、現在のような先が読めない時代における「デザイン」をテーマにお話を進めていきたいと思います。

篠原さんは『デザインマネジメント原論』をはじめとする「デザインマネジメントシリーズ」の監訳を務めている他、総務省の技術顧問として、行政に対するサービスデザインの戦略策定、普及・啓発、各種調査も担当されています。

このようなご経験を踏まえて「デザイン」というテーマを、表面的な見た目の要素を超えて、企業や行政での活用を念頭に置いてお話をしていただいた上で、参加者のみなさまとのディスカッションも進めていきたいと考えています。

さまざまなバックグラウンドの方のご参加をお待ちしています。

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。