自身の視点の偏りを組織知を結集させて補っていく【シナリオプランニング講座感想】

<2021年10月 シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編オンライン受講感想>

講座を受けようと思ったきっかけは、所属本部の方針/戦略(年計・中計)をバックキャストで策定するために、勉強したいと考えたためです。

講座を受講してみて、シナリオプランニングを使いこなすことの難しさを感じたが、スタックポイントや上位意思決定者を巻き込むべきポイントなどを気づくことができました。
また、自身の視座や視点の偏りがあること、それを組織知を結集させて補っていくことの重要性を実感しました。もちろん、自身の視座/視野を広げる努力も必要だと感じました。

今後シナリオプランニングを方針/戦略策定に使っていきたい。本部全体のものだけではなく、事業戦略にも
活用していきたいです。

未来の外部環境から考えることは間違いなく必要なことであり、アンテナを張ることも含めてクセづけたいと思います。

(R.H.様)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。