自身の思考の偏り、癖に気づくことができた【シナリオプランニング講座感想】

<2021年10月 シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編オンライン受講感想>

講座を受けようと思ったきっかけは、開講の約1週間前、アクティブブックリーディングの別の勉強会で、講師とZoom面識を得、案内を受けたためです。Zoomで新井様とお目に掛かり、人間性に魅了されました。
また講師の著書「実践 シナリオ・プラニング」を拝読し、内容を深めたいと思いました。

講座を受講してみて、自身の思考の偏り、癖に気づくことができました。自身が陥りがちの「選択と集中」は、リスクもあり、思考においても「集中と俯瞰」のジグザグが大切であろうという気が実感できました。
またシナリオプラニングの考え方、スキルをちゃんと身に着けるには、それなりのエネルギー、コスト、時間がいるという認識が出来ました。
さらにファクトを押さえる思考方法が大切であるという認識が出来ました。

対話が重要であり得るので、適用対象者の当スキル・当思考法の仕組みのベースをある程度揃えて進める必要があります。さもなくば、ただのレクリエーションになってしまうリスクもあると感じました。

今後シナリオプランニングを、先ずは自身で肚落ちするまで自らの関連の土壌で実践適用例を作成し、進めていきたいです。
有効性の認識が実感できると、状況によっては組織展開も検討したいと思います。
但し、そうなるまでに、組織としての時間的・経済的ゆとりが出来ることが必要で、業績回復は必須条件であろうと思います。もちろん、ゆとりがなくても組織内人間関係の質が成熟すれば、対応は可能であると思います。

3週間のブラッシュアップ期間を設けて頂けていること、また推察ですが、過去セミナーのご経験から個別検討方式にされたこと、色々ご配慮があり、ありがたかったです。
(K.Y.様)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。