シナリオを作っていく過程の探求自体にも大きな意味がある【シナリオプランニング講座感想】

<2021年3月 シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編オンライン受講感想>

講座を受けようと思ったきっかけは、新しい取り組みについて考えたいと思っていたところ、再受講可能というご案内をいただきました。また、5年前に一度受講しましたが、その後シナリオプランニングを使う機会がなく、あらためて学び直したいと思っていたところでもありました。

講座を受講してみて、外部環境要因について、5年前に受講した時とは違う点にも目が向くようになっていました
これは、自分自身の経験の積み重ねや環境の変化もありますし、コロナ禍による環境変化のせいでもあると思いますが、再受講するにあたり「あえて苦手分野にも目を向けよう」と決めて臨んだことにもよると思います。そのことで、見えてくる世界が広がったように感じました。
また、「シナリオを描く」ことを目的化しがちですが、シナリオを作っていく過程の「ああでもない、こうでもない」という探求自体にも大きな意味があると思いました。(チームで取り組む場合は特に)

今後シナリオプランニングを、まずは自分の新しい取り組みの構想を考える際のインプットとして使っていきたいです。また、同じテーマに取り組む仲間たちとも一緒にシナリオ創りをしてみたいです。

このタイミングで再受講できて本当に良かったです。講師の新井先生からの丁寧なコメントも嬉しいです。ありがとうございました。
前回受講の際は、日程が合わずその後の応用コースに進めなかったのですが、今回は是非、次のステップにも進みたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(澤田 和美様)

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (12/10~17開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/17~24開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/20~27開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。