シナリオの立て方の一連の流れを体感【シナリオプランニング講座感想】

(2019年7月 シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編受講感想)

講座を受けようと思ったきっかけは、書籍などを読んでシナリオプランニングのやり方についての知識はある程度あったものの、実務で活用していくための具体的な勘所などを専門家による講義・演習を通じて身に着けたいと思ったためです。

講座を受講してみて、シナリオの立て方の一連の流れを体感することで、シナリオを立てる準備段階で適切なスコープのテーマ設定の重要性およびそれに応じた広い視野での情報収集の必要性に改めて気付くことができました

今後シナリオプランニングを長期の開発戦略策定に活用していきたいです。

(H.F.様)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。