未来を予想することができれば変化を恐れることはなくなる

(2020年6月 シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編オンライン受講感想)

知人が過去にシナリオプランニング講座を受けており、FB上で、コロナ後の世界についてZOOMでシナリオプランニングをやってみないかと呼びかけていました。それを見て面白そうだったので参加しました。参加してみてシナリオプランニング自体は非常にいいツールだと思ったので本格的に学びたいと思った。

講座を受講してみて、変化の激しい世の中で、先を予想することは無意味なことではなく、こうやって事実に基づいて考えていけば可能性の高い予想ができると思いました。逆に、未来を見ようとせずに場当たり的な対処をしていくほうがリスクが高いのではないかと思えてきた。今までは完全な後者でした。
未来を予想することできれば、変化を恐れることはなくなり、変化を楽しめるようになるかもしれない。ただ、情報をとることの大変さ、難しさに改めて気づきました。

今回は、自分自身の研修テーマを考えるのに使ってみたが、今後も続けていきたいです。また、顧客企業に対してもワークショップ的にやってみたい。ただし、もっと学びが必要だと感じました。

勉強になりました。ありがとうございました!

(中村佳織様)

シナリオプランニング実践ガイドブック

シナリオプランニングに関心があるすべての人のために作成したのが、この「シナリオプランニング実践ガイドブック」です。

実践に使えるためのわかりやすさを意識して書いていますが、同時に本格的であることも意識しています。一般的なプロセスをなぞるだけではなく、さまざまな企業や自治体、学校等でシナリオプランニングを実践してきた経験を随所に盛り込んでいます。

このガイドブックが、未来を描く旅のガイドになれば幸いです。