お客様の声voice

お客様の声

<既存概念を取り払う一つの手法としてのシナリオプランニングの有効性を改めて感じた>(17年12月9日「シナリオプランナー養成講座応用編@大阪」感想)

自社開催セミナー
「シナリオプランナー養成講座応用編」

<既存概念を取り払う一つの手法としてのシナリオプランニングの有効性を改めて感じた>

受講しようと思ったきっかけは、昨年、基礎・実践編を受講し、シナリオプランニングによる未来の可能性を探る手法に大変興味を持ち、さらに理解を深めたかったため。

帰納法によるシナリオ作成は全ての要因の関連性を意識したアプローチであったため、自分自身またチームとしても取りまとめにかなり手間取った。
但し、出来上がった複数のシナリオは明らかに異なる世界を示していて、シナリオプランニング手法の幅広さと共にケースによる手法の使い分けスキルも必要なことを感じた。
また、ワークの途中、クライアントからヒアリングによりシナリオテーマを決めていく過程で、テーマをまとめることに集中してしまい、クライアントがそもそもどんな世界を見たいと思っているのかという本来の目的を忘れてしまう場面もあり、「対話」によるヒアリングの重要性とその意味を改めて認識することができた。

今後シナリオプランニングを当社のお客様向けの「企業ネットワークインフラの企画提案」のアプローチ手法としてだけではなく、当社として次期中期計画立案時にその先にある未来(たとえば10年後)のあるべき姿のイメージ作りにも活用してみたい。

他の受講者と比べ「思考」に関するレベルが低く、また知識も少なかったため、講師及び受講者の皆さまにはご迷惑をお掛けしました。
ただ、既存概念を取り払う一つの手法としてのシナリオプランニングの有効性を改めて感じることができました。
今後ともよろしくお願いいたします。

(S.K様)

お客様の声の一覧へ戻る