シナリオプランニングを組織に埋め込む【Stylish Ideaメールマガジン vol.243】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

最近、シナリオプランニングを単なる手法として学んだり、使うという一過性の取り組みにとどまらず、組織内で浸透させ、内製化するところまでを見据えたご相談が増えてきました。

手法や理論としてのシナリオプランニング自体に興味があるのではなく、この手法を活用して不確実な環境変化に柔軟に対応していけるような組織をつくっていくことに関心があるのであれば、たしかに組織内での浸透や内製化は必須です。

ここで言う「浸透」「内製化」は、実際には個々のケースで具体的な取り組みは変わってきますが、概ね次のように位置づけています。

  • 浸透:研修やプロジェクトで作成したシナリオを事業部や組織全体で活用する仕組みをつくる
  • 内製化:それぞれの組織で使われている手法や業務プロセスとシナリオプランニングを組み合わせて体系化し、活用のための仕組みをつくる

わかりやすく言うと「浸透」とは、研修等でつくった内容を、研修参加者以外にも広げること

「内製化」とは、シナリオプランニングを含んだ自社独自の手法をつくり、活用することです。

どちらの取り組みでも、「手法」としてのシナリオプランニングにとどまらず、「考え方」としてのシナリオプランニングに着目した活動を進めていくことになります。

つまり、シナリオプランニングの元となっている考え方を各組織の組織文化やプロセスにあわせて、カスタマイズし、埋め込んでいく取り組みです。

もちろん、手法としてのシナリオプランニングを日々実践し、さまざまな不確実な可能性を描き、対応策を考えることは重要です。

しかし組織として重要なのは、その結果を踏まえ、各部署や各メンバーが自身の置かれている状況を各自で判断し、その判断に基づいて、自発的に行動していけるようになることです。

そのためには、手法としてどのようにシナリオをつくれば良いのかを理解し、実践できるだけでは十分ではありません。

シナリオプランニングのアウトプットや実践方法を自社の環境にあわせ、そして、それを活用する仕組みをつくっていくことが必要になります。

このようにシナリオプランニングが埋め込まれた組織になれば、「もっと先のことを考えろ!」とマネジャーが口酸っぱく言う必要はありません。

不確実な可能性を考えることが当たり前の組織をつくるために、シナリオプランニングを組織に埋め込む取り組みを始めてみませんか?

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/5〜26)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/10〜24)
【終了】VUCA labo #006 篠原稔和さん「不確実な時代のデザインの役割」(9/30開催)
【終了】企業でSDGsを活かすためのシナリオプランニング実践法(9/23, 25開催)
【終了】未来創造ダイアローグ入門講座 (9/18 & 28開催)
【終了】Afterコロナ / Withコロナの時代における『これからの未来の捉え方』(9/15開催)

シナリオプランニング実践ガイドブック

シナリオプランニングに関心があるすべての人のために作成したのが、この「シナリオプランニング実践ガイドブック」です。

実践に使えるためのわかりやすさを意識して書いていますが、同時に本格的であることも意識しています。一般的なプロセスをなぞるだけではなく、さまざまな企業や自治体、学校等でシナリオプランニングを実践してきた経験を随所に盛り込んでいます。

このガイドブックが、未来を描く旅のガイドになれば幸いです。