日本のことを考えるシナリオプランニングでの海外情報の扱い【Stylish Ideaメールマガジン vol.214】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

国内のお客さまとシナリオプランニングのプロジェクトをやる場合、シナリオを作成するテーマは日本を対象としたものがほとんどです。

海外に拠点があるお客さまでも、特に初めてシナリオプランニングに取り組む場合は、シナリオテーマをつくる際の注意点を踏まえて、テーマを日本にする場合が多くなっています。

(「シナリオテーマをつくる際の注意点?」と思った方は、ぜひ、こちらの実践ガイドブックをご覧ください。)

例えば海外にも拠点があるメーカーさんでも「2030年の日本における製造業」というようなテーマでシナリオを検討します。

海外に拠点がある場合でもそうなので、日本市場を主にしているお客さまの場合は、まずは迷うことなく日本をテーマに考えます。

このように進めていくと、必ず出る質問が、「このグローバル化が進んだ時代に、海外からの影響はまったく考えないのか?」というものです。

そういう場合、いつも「海外からの影響も考えます」と答えます。

たしかにテーマは「日本」にしていますが、だからといって、シナリオをつくる際に収集する外部環境要因は日本のものだけにとどまりません

仮に日本国内だけで事業をやっていたとしても、関税や為替、気候変動、海外での技術開発など、海外からの影響を避けることはできません。

そのためテーマは「日本」にしていても、海外のことを一切考えないわけではないのです。

むしろ、最終的な軸にはならなかったとしても、一度はあえて海外のことを軸として考えてみて、普段なら考えていない海外からの影響にまで目を向けてみることは大切です。

シナリオプランニングに取り組むことは、自分の思い込みに気づいたり、普段なら目を向けていない点にまで目を向けるきっかけとなるもの

そのため、たとえ「日本」がテーマでも、いや、「日本」がテーマだからこそ、海外にまで目を向けることが必要なのです。

【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (11/25〜12/5)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (12/12〜13)【週末集中開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/5〜26)【平日昼開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/10〜24)
【終了】VUCA labo #006 篠原稔和さん「不確実な時代のデザインの役割」(9/30開催)
【終了】企業でSDGsを活かすためのシナリオプランニング実践法(9/23, 25開催)

Stylish Ideaメールマガジン

シナリオプランニングを中心に、不確実性を機会に変えるための手法や考え方を組織で活用し、「結果としてイノベーションが起きる」組織に変わるためのヒントを盛り込んだStylish Ideaコラムを毎週お届けしています。

最新のセミナー開催情報等もこちらでご紹介していますので、ぜひご購読をお願いします。