シナリオプランニングなどを活用して、不確実な未来のことを考えなければいけないのは、民間企業だけではありません。

少子高齢化が進み、さまざまな社会課題が浮き彫りになっていく日本においては、国や自治体などにおいてもシナリオプランニングをはじめとするビジネス分野で使われている手法を応用して、政策や総合計画などの立案に活かしていくことが必要です。

株式会社スタイリッシュ・アイデアでは、民間企業だけではなく、自治体や学校などに対しても、シナリオプランニングをはじめとするツールを活用したコンサルティングや研修・ワークショップの実施を行っています。

具体的な実施テーマや実施例、利用手法・ツールなどの詳細については、下記をご確認ください。

国・自治体向けの政策・総合計画立案支援

少子高齢化の進展が、今後の日本や各自治体に与える影響は、人口減だけにとどまりません。

人口減に伴う介護に関する課題、空き家に関する課題、税収減の可能性に関する課題、公共施設や公共交通維持に関する課題、地域の産業振興に関する課題など、未来には多くの課題が待ち受けています。

そのような状況と並行して、AI(人工知能)や5Gなどの技術進化によって、それらの課題を解決していくための検討も進んでいます。

このような社会と技術など、国や自治体を取り巻く影響を踏まえ、長期的な視点で変化の可能性を検討して、政策や総合計画などの立案を検討されている方は、ぜひ弊社サービスをご活用ください。

実施プロジェクト例

  • 自治体における総合計画策定支援(千葉県松戸市)
  • 自治体における産業振興検討支援(大阪府八尾市 ※)
  • 自治体における職員向け研修

プロジェクトでの利用手法・ツール例

  • シナリオプランニング
  • ロジックモデル
  • ダイナミック・ケイパビリティ / 両利きの経営理論

※大阪府八尾市の取り組みは、弊社代表が代表理事を務める一般社団法人シナリオプランナー協会と共同の取り組みとして実施。

学校向けシナリオプランニング活用

大学や高校、中学などで「考える授業」の重要性が叫ばれています。

しかし、プロジェクト型で、グループワークを中心に進め、最後にプレゼンテーションを行うことが「考える授業」ではありません。学年や授業のニーズやゴールイメージ、前提として持っている知識などを元にして、それぞれの状況にあった、クラス設計を行っていかなくてはいけません。

株式会社スタイリッシュ・アイデアでは、中学生から大学生、大学院生(留学生を含む)まで幅広い対象に対して、シナリオプランニングを基本としながらも、それらを柔軟にカスタマイズしたツールを活用し、さまざまな授業を提供しています。

通常の授業から特別授業まで、さまざまな場面で次の世代を担う学生、生徒、児童向けのシナリオプランニング活用を検討されている方は、ぜひ弊社サービスをご活用ください。

実施プロジェクト例

  • 大学・大学院での指導(産業技術大学院大学、中京大学国際学部)
  • 大学院生向け特別授業(東京工業大学)
  • 中学生向け特別授業(開智日本橋学園)※参考記事

プロジェクトでの利用手法・ツール例

  • シナリオプランニング
  • 質問づくり
  • キャリアプランニング
  • インプロ

シナリオプランニング実践ガイドブック

シナリオプランニングに関心があるすべての人のために作成したのが、この「シナリオプランニング実践ガイドブック」です。

実践に使えるためのわかりやすさを意識して書いていますが、同時に本格的であることも意識しています。一般的なプロセスをなぞるだけではなく、さまざまな企業や自治体、学校等でシナリオプランニングを実践してきた経験を随所に盛り込んでいます。

このガイドブックが、未来を描く旅のガイドになれば幸いです。