公開セミナー情報open-seminar

公開セミナー情報

【無料オンラインセミナー】COVID-19時代のシナリオプランニング実践法(5月15日、20日開催)※終了しました

※案内文の後半に「セミナー参加にあたってのお願い」を記載しています。お申し込み前に必ずご確認ください。
※本セミナーは自社組織でシナリオプランニングに取り組んでいる方、取り組む予定がある方向けに無料でお届けするものです。コンサルタント、ファシリテーターなどの方向けには5月18日以降に別途ご受講いただける環境(有償)をご案内します。

このセミナーについて

COVID-19とそれに伴うさまざまな不確実な出来事は、さまざまな形で私たちのビジネスに影響を及ぼしています。

このようなタイミングで、自社や将来のことを考えようとシナリオプランニングに取り組む企業も増えてきました。

しかし、現在のように想定外の出来事が起き、日々変化し続けている状況において、どのようにシナリオプランニングを活用すれば良いのでしょうか?

  • 例えば時間軸。1ヶ月後の状況も読めない中で10年後のシナリオプランニングを描くことはできるのでしょうか?
  • 例えば実施方法。対面でのワークショップの開催が難しい状況では、どのようにシナリオプランニングに取り組めば良いのでしょうか?
  • 例えば戦略オプション検討。現在のような状況において、シナリオをつくったあと、どんな活動につなげていくのが良いのでしょうか?

上記のような疑問の答えをお伝えし、この時期だからこそ取り組むシナリオプランニングの実践方法をお伝えする機会が、今回開催する「COVID-19時代のシナリオプランニング活用法」セミナーです。

このセミナーの一部は、先日オンラインで開催されたSaïd Business School Oxford Scenarios Programmeの卒業生向けのセミナーの内容を反映しています。このセミナーでは、COVID-19時代におけるシナリオプランニング実践の大きな指針が示されたので、その内容を共有します。

その内容に加えて、その指針を日本の環境でどのように実践するのか、さらにシナリオに取り組んだあと、シナリオプランニングの結果を組織の中でどのように活用していくのかについて、具体的な取り組み方をツールの紹介も踏まえてご紹介していきます。

今回は、シナリオプランニングに馴染みがない方にはそれを知っていただく機会に、シナリオプランニングをご存じの方はより深く理解していただく機会にしていただくために、無料セミナーとして開催します。

シナリオプランニングを単なるツールとして使うのではなく、このような時期にシナリオプランニングに取り組むことで、今後も私たちに影響を与え続ける不確実性を機会に変え、組織を進化させていこうと考えている方の参加を歓迎します。

セミナー実施概要

日時:5月15日(金)10時30分〜11時30分 / 5月20日(水)15時00分〜16時00分
場所:zoom (お申し込みいただいた方に接続方法等をご案内します)
講師:新井 宏征(株式会社スタイリッシュ・アイデア代表取締役)
講師プロフィール
東京外国語大学大学院、Saïd Business School Oxford Scenarios Programme修了。
SAPジャパン、情報通信総合研究所(NTTグループ)を経て、現在はシナリオプランニングや組織開発の考え方を応用し、事業と組織の両面からクライアントの変革を支援するコンサルティング活動に従事。

不確実な時代の中で、イノベーションを起こし続ける組織や人材を生み出すために必要な知識と知恵を伝えることを目的として、メールマガジンやブログ、セミナーなどで情報発信を続けている。

重要:セミナー参加にあたってのお願い

  • Gmail等のフリーアドレスでのお申込みはできません。必ずご所属の企業・団体のメールアドレスにてご登録ください。
  • zoomのウェビナー機能を活用しますので、参加者の方のカメラ・音声は利用できません。そのためカメラやマイクがなくても、画面が見れて音が聞ければ参加可能です。
  • 本セミナーにお申し込みいただいた方には、株式会社スタイリッシュ・アイデアのメールマガジン(週1回配信)をお送りします。

5月20日(水)15時〜開催分に申し込む

→本講座は受付終了いたしました

公開セミナー情報の一覧へ戻る