メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

日々の仕事の土台を固める【Stylish Ideaメールマガジン vol.125】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

日々の仕事の土台を固める

冒頭でも書いたプロコースの講義の中では、実際にシナリオを作りながら、第0期生からは

「こういう場合はどう説明しているのか?」
「こうなった時、どう対処しているのか?」

というような質問が矢継ぎ早に飛んできました。

受講生といっても、ファシリテーターとしてあるいは研修講師として現場で自分以上に経験を積んでいるプロばかりなので、こちらも良い緊張感を持ちながら話しをしていました。

こういう現場でのリアルな対処法というのはたしかに貴重で、なかなか表に出てこないんですよね。

自分としても暗黙知を言語化できる良い機会です。

ただ、シナリオプランナーとして、現場での対処以上に考えなければいけないのは

【そういうことが(なるべく)起きないような設定と準備を事前に徹底する】

ことだと思うのです。

ある本に「戦略の失敗は戦術でカバーできない」ということが書いてありましたが、まさにこれ。

つまり、その場の対処に磨きをかけたとしても本来的には「そうならないよう」にすることの方が大事なのです。

また、その方が長い目で見て金銭的・時間的なコストを下げることができます。

(そういうわけで、プロコース第2回目のテーマは「プロジェクトデザイン」です)

そして、これは12/11に開催するこちらの講座を貫いている主旨でもあるのです。

・目標実現のための「長期計画 徹底作成」講座(12/11)〔東京〕

日々のタスクを効率的にこなす手法はたくさん出ていますし、私自身も活用しています。

しかし、これは上で書いた「戦術」に当たるもの。

さまざまなタスク管理手法に手を出してみたものの一向に状況が改善しない理由はここにあります。

なぜなら「戦略」がぶれているからです。

ですから、なかなか日々の仕事がスムーズにいかないと困っている人は、自分自身の「戦略」にあたる「土台」を固めることから始めてはいかがでしょうか?

◆参考セミナー◆
⇒ 1日かけて「土台」を作る2017年以降の基礎工事セミナーです。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「コルトハーヘン教授の教師教育学」

冒頭でも書いたように、無事にプロコースの初回が終わりましたが、今回の6回分全体の講座設計のベースのひとつがこの本の内容です。

・『コルトハーヘン教授の教師教育学』

コルトハーヘン教授とはユトレヒト大学で教師を育てる仕組みをリードしている人です。

その肝となる考え方がわかりやすくまとまっているのがこの一冊です。

現在、入手できなくなってしまっているのが残念ですが、概要だけでも知りたいという方はこの本。

・『授業づくりネットワークNo.8―教師のリフレクション(省察)入門』

本格的に学びたいという人はこれがお薦めです。

・『教師教育学―理論と実践をつなぐリアリスティック・アプローチ』

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る