メールマガジンバックナンバーnewsletter

メールマガジンバックナンバー

「来るか来ないか」に備える頭の使い方&200号記念アンケートのお願い【Stylish Ideaメールマガジン vol.199】

※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

『来るか来ないか』に備える頭の使い方

毎年、Webサイトで年頭挨拶を書いていますが、今年は「エフェクチュエーション」という理論で伝えていることを踏まえて、書いています。

・不確実さを思い切り楽しむ(2019年のスタイリッシュ・アイデア)

「エフェクチュエーション」では熟達起業家の行動を元に5つの原則を導き出していますが、そのうちの1つが上記のリンク先の文章でも紹介している「レモネードの原則」です。

レモネードの原則とは、

「すっぱいレモンをつかまされたら、レモネードを作れ」

という言葉に表れているとおり、予期していない出来事が起きたときに、それをうまく活用してしまおうという考え方

『エフェクチュエーション』の中では、この原則を次のように簡潔に解説しています。

「レモネード」の原則
この原則は、不確実な状況を避け、克服し、適応するのではなく、むしろ予期せぬ事態を梃子として活用することで、不確実な状況を認め、適切に対応していくことを示している。

『エフェクチュエーション』、20ページ)

これからの時代において唯一確実なのは「不確実な状況は避けられない」ということ。「レモネードの原則」の解説の言葉で言えば、「予期せぬ事態」というのは確実に起きるのです。

日本人デザイナー奥山清行氏はフェラーリ・エンツォのデザインを担当したことで知られています。

彼がフェラーリ・エンツォをデザインするきっかけとなったのは、フェラーリのモンテゼーモロ会長への咄嗟のプレゼンでした。

咄嗟といっても、その場で急場しのぎでデザインを考えたわけではありません。

担当でもないにもかかわらず、フェラーリのデザインを描き続けていた奥山氏。その様子を密かに見ていた上司が、「15分だけやるから、あの絵を仕上げてこい」と言い、色を付けたそのデザインが採用されました。

この経験を奥山氏はこう振り返っています。

結果として、僕は来るか来ないかわからない15分のためにこの絵を準備していたことになる。だが、それがあったからこそ、今の奥山清行になることができたし、フェラーリ・エンツォというクルマを世に出すことができた。

『100年の価値をデザインする』、37ページ )

奥山氏が「今の自分になることができた」と語るこの出来事は、まさに予期せぬ事態を梃子として活用することができた好例です。

だからと言って、あらゆる「来るか来ないかわからないこと」に備えるわけにもいきません。

だからこそ、不確実なことを考えるのです。

「レモネードの原則」に従うからといって、

・不確実なものは避けられない

で終わりにしてしまうのか、あるいは、

・不確実なものは避けられないけど、可能な限り、その状況を想定してみよう

と考え続けるのかは大きな差です。

Webの年頭挨拶で書いたように、不確実なことをネガティブにとらえる必要はありません。

むしろ、その不確実なことがあることで、未来にどんな機会があるのかを考えながら、それに備えるための取り組みを続けていく

そういう先に、奥山氏が振り返るような「あの出来事があったから」と呼べるような経験が待っているのではないかと思います。

◆参考セミナー◆
⇒ 不確実に備え、周囲より先に不確実を機会に変えるための頭の使い方を学びます。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

編集後記「100年の価値をデザインする」

今日のメールマガジンを書くために久々に読み返したのが奥山清行氏のこの新書本。

『100年の価値をデザインする』

フェラーリなど、少なくとも自分のような人間の手には届かないようなものから、秋田新幹線、スーパーあずさなどの電車、トラクターなどまで、あらゆるもののデザインに携わっている奥山清行氏。

その彼のいわば仕事術をまとめたのが本書。

さまざまな指摘の背景には、日本の慣習や文化に根ざしたものもあり、自分たちの立ち位置を冷静に見直すきっかけにもなります。

メールマガジンバックナンバーの一覧へ戻る