組織でのシナリオプランニング活用のリアル【Stylish Ideaメールマガジン vol.287】

メールマガジンバックナンバーシリーズ
イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

このメールマガジンでも何度もお伝えしていることですが、シナリオプランニングで作成するシナリオはアウトプットではなくて、インプットです。

(「 あー、またこの話か…」という方も、どうぞお付き合いください…)

言い換えれば、2軸、4象限で表現される複数の未来の可能性を考えることが、シナリオプランニングのゴールではありません。あくまでも、それはインプットであり、そのようなシナリオを元にして自組織のことを考えることの方にこそ、取り組みの重点を置かなければいけません。

私が、この「シナリオはアウトプットではなくて、インプット」ということを、口すっぱくお伝えしているのは、どうしても「アウトプットとしてのシナリオ作成」にだけ注力してしまうシナリオプランニングの取り組みが多いからです。

言い換えれば、シナリオを作成したあと、それを元に自組織のことを十分に考えるという「インプットとしてのシナリオ活用」を重視しない取り組みが多いと感じています。

では、なぜ、そのような取り組みになってしまうのでしょうか?

「アウトプットとしてのシナリオ作成」にだけ注力してしまう理由

それは、アウトプットとしてのシナリオを作成することの方が簡単だからです。

ただし、ここで言う「簡単」というのは、一般的な意味での「簡単」ではなく、「インプットとしてのシナリオ活用」と比べて簡単だということです。

「簡単」というよりも、「やりやすい」と表現した方が正確かもしれません。

なぜ「やりやすい」のかというと、それは次のように考える対象が違うことが原因だと考えています。

アウトプットとしてのシナリオ作成:外部環境のこと
インプットとしてのシナリオ活用 :自組織のこと
たしかに「アウトプットとしてのシナリオ作成」は、広げるためのリサーチと深めるためのリサーチが必要になり時間がかかりますし、軸を検討することも簡単ではありません。

しかし、どれだけ時間がかかり、難しかったとしても、考える対象は自組織以外です。
一方、「インプットとしてのシナリオ活用」では、自組織として、そのような未来に向けて、自分たちとしてどんなことに取り組まなければいけないかを考えなくてはいけません。

つまり、「インプットとしてのシナリオ活用」に取り組むというのは、「検討した未来の可能性を自分事として考える」ことだと言うことができます。

そして、この「自分事として考える」からこそ、難しく感じてしまったり、ついつい及び腰になってしまうのではないかと思うのです。

ワークショップでの「インプットとしてのシナリオ活用」のリアル

例えば、ワークショップなどをやっていて、この最後の「インプットとしてのシナリオ活用」に取り組む場面で、私が参加者の方によくする質問があります。

それは、
「 今、みなさんが考えている未来に向けての対応策、それを『明日からあなたが担当として取り組んでください』と言われたら、本当にやりますか?」
というものです。

こう質問すると、「えっ…」となって、口ごもってしまう人が出てきます。そして「考えたことを本当にやるのだとは思っていなかった…」というコメントが返ってきます。

あるいは、「自分としてはやりたいと思っているけど、今のうちの組織では実行できない」というコメントをいただくこともあります。

「インプットとしてのシナリオ活用」で本当に考えるべきこと


「インプットとしてのシナリオ活用」をとおして、最終的に自組織としての対応策を考えるとは、何もIR資料に載るような大きな方向性を考えることだけではありません。

大きな方向性を考えつつ、それが今の自組織では実行できないのであれば、それを実行できるようにするための取り組みもあわせて施策として考え、実行するところまで落とし込むことが「インプットとしてのシナリオ活用」で考えるべきことなのです。

もちろん、このような取り組みをすると、普段、「見て見ぬふり」をしているものに向き合うことも必要になってくるでしょう。

「見て見ぬふり」をしているものをどうにかするためには、自分がどうにかする必要も出てきます。そうすると、仕事が増える、あるいは責任が増える、というように現実的なことが、あれもこれも出てきます。

そういうことをすべて含めて「対応策」として考えていくことが、「インプットとしてのシナリオ活用」でやるべきことです。

「未来」を考えることがゴールではない

現在のように先が読みにくい時代になって、さまざまな「未来を考えるための手法やツール」が出てきています。

どんな手法やツールを使って「未来」を考えるにせよ、特に組織での取り組みとして進める場合には、自分たちと切り離した「未来」を考えるだけで十分であるはずはありません。「自分たち」は「今から」何をするのかというところまで落とし込んでいくことを外してはならないのです。

その「自分たち」が「今から」取り組むことを考える際、日頃考えている枠組みにとらわれずに考えるための媒介として使うのが「未来を考える」ことの本来の役割であるはずです。

もちろん、それは簡単なことではありません。しかし、簡単ではないからこそ、シナリオプランニングのような確立された体系化した手法を使って考えていく必要があるのです。

未来創造ダイアローグ入門講座 (6/9開催)New!!
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (5/14~21開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】【無料セミナー】パーパス時代の”未来創造リーダー”育成の勘所 – 組織でのシナリオプランニング活用を考える連続セミナー 第1弾 (4/14開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (4/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (3/2~23開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。