”悪魔の代弁者”に語らせる未来のシナリオ【Stylish Ideaメールマガジン vol.279】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオプランニングをやっていて、軸を検討したり、シナリオの中身を検討する際に苦労するのは、自分の経験や信念と反する世界観を考えること。

可能性としてはあり得るのかもと思いながら、

「そうなる可能性は自分のこれまでの経験からあり得ない」
「日本が将来そういう方向に進むわけがない」

ということを考えてしまい、そういうことが起こる可能性を考えられない。

グループのメンバーに言われて、なんとか考えようとするも、経験や信念に反するため、さっぱり中身が想像できないということが起こります。

このような場合、どうすれば良いでしょうか?

まずは、いつもこのメールマガジンなどでお伝えしているとおり、

「策定しているシナリオはアウトプットではなく、インプットである」

ということに、改めて目を向けてください。

シナリオプランニングの取り組みのゴールは、シナリオを考えることではなく、シナリオを元に自分たちの対応策を考えること。

ですので、自分の経験や信念に反する未来の可能性は、自分たちの対応策を考えるための元となるものであって、それがゴールではありません。

と、ここまで説明したとしても、

「いや、それは頭ではわかっているけれど、それはそうとしても、そもそもこういう可能性は自分の経験上、起こるはずがないと思う…」

と言いたくなる人も多いでしょう。

そういう時に応用できる可能性があるのが、「悪魔の代弁者(devil’s advocate)」と呼ばれる考え方です。

この言葉でウェブを調べていただくと、いろいろな解説が出てくると思いますが、あえて批判・反論する役割を担う人のことを「悪魔の代弁者」と呼びます。

この役割を、自分の中につくって、未来の可能性を考えてみるのです。

例えば、経験上、起こるはずがないと思っているある未来の可能性について、

「そんなことはない、それは起こる可能性があるんだ。」

という立場をあえて取るのです。

自分の経験や信念とは関係なく、「その可能性が起きる」という前提に立ち、あくまでも思考のシミュレーションということで、いろいろなことを考えてみます。

いろいろなこと、とは例えば次のようなことです。

・それが起きる背景には○○という変化がある
・それが起きたとしたら、シナリオテーマで設定した世界にはに○○という影響がある
・そうなったら自社には○○という影響がある

拙著などでも紹介していますが、シナリオプランニングとは “what if”、つまり「もし、○○になったらどうなるか?」を考えるための手法。

あくまでも仮定の話なので、経験や信念に反する可能性を考えることは、決してそれらを否定するためではありません。

そう考えて、一度、「悪魔の代弁者」になりきり、今まで考えたことがない可能性を考えてみてはいかがでしょうか。

もしかすると、そうして考えたことから、自分の経験や信念をアップデートするような新たな視点が見つかる可能性があります。

これこそが拙著「実践シナリオ・プランニング」でも紹介している「未来創造OS」を働かせて取り組むシナリオプランニングなのです。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (12/10~17開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/20~27開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。