シナリオプランニングで起こりやすい”手段の目的化”の罠【Stylish Ideaメールマガジン vol.274】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

さまざまな組織でシナリオプランニングをやっていると、やはり2軸での複数シナリオ作成がみなさん一番苦戦するようです。

日々仕事をやっているとき、私たちはどちらかというとほぼ確実なこと、シナリオプランニングの用語で言えば不確実性が低いことを元に動いています。

それが当たり前の中で、自社を取り巻く不確実性が高いことを中心に考えなくてはいけなというのは、やはり簡単ではありません。

簡単ではないからこそ、複数シナリオを考える3つのステップ、

(1) リサーチした外部環境要因を元に軸をつくる
(2) 軸を組み合わせて複数シナリオをつくる
(3) 複数シナリオの中身を検討する

を順にたどっていくことで、自分たちにとって考える意義がある複数シナリオを考えやすくなります。

(複数シナリオ作成をこの3つに分けて考えることについての詳細は、拙著『実践 シナリオ・プランニング』を
 参照してください )

しかし、このようにステップにしているからこそ陥ってしまう望ましくない状況もあります。

それは「軸」や「複数シナリオ」といった形式にそったものをつくることにとらわれてしまい、本来の目的を忘れてしまうという状況です。

例えば、何本かの軸をつくり、それらのいろいろなパターンの組み合わせを試すということを繰り返すことは時間も労力もかかります。

そうすると、そのうち、「この組み合わせが考えやすそうだから、これにしようか」という基準で2軸を決めてしまったりします。

しかし、忘れてはいけないのは、「不確実な未来の可能性を考えるため」に軸をつくったり、組み合わせたりしているということです。

不確実な未来の可能性を考えることを、誰にとってもやりやすくするためにつくられたものがシナリオプランニングという手法です。

一方、このように手法として体系化されたからこそ、「手段が目的化する」ことに陥りやすくなったのもたしかなこと。

手法としてのやりやすさを活かしながら、「手段の目的化」という罠にはまらないためには、シナリオプランニングが目指している本来の目的に常に立ち戻ることが大切

シナリオプランニングを進めていて、軸や複数シナリオを自分たちの都合だけで考え出してしまったときには、

「これは不確実な未来の可能性を考えるためにやっているんだよね」

ということを、メンバーで再確認してください。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。