複数シナリオの各シナリオに名前をつける重要性【Stylish Ideaメールマガジン vol.268】





メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

先月は『実践 シナリオ・プランニング』の出版を記念して、こんなイベントを開催しました。

・『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】

最終回は慶應義塾大学総合政策学部の教授で、パターン・ランゲージの専門家でもある井庭崇さんと「創造」をテーマに対談しました。

『プロジェクト・デザイン・パターン』では、井庭さんが専門とするパターン・ランゲージが「良いデザインや良い実践の秘訣を共有するための方法」と定義されています。

パターン・ランゲージは、良い実践の秘訣などを共有するために、経験則を言語化します。

その言語化について、井庭さんは次のように解説しています。


「言語化」と言っているのは、(中略)経験則のひとつひとつに「名前」をつけるということを意味しています。つまり、良いデザインや良い実践について言及できるようになる「新しい言葉」をつくるということです。
そのような言葉があることで、デザインや実践について考えやすくなったり、語りやすくなったりします。

出所:『プロジェクト・デザイン・パターン

 

イベントでの井庭さんとの対談では、パターン・ランゲージによってつけられる「名前」がシナリオプランニングにおける複数シナリオのタイトルと似ているのではないかという話になり、盛り上がりました。

私の『実践 シナリオ・プランニング』では、各シナリオの「名前」であるシナリオタイトルについて、次のように紹介しています。

各シナリオの世界観をひと言で表すような「シナリオタイトル」は、たとえシナリオのストーリーを作成しない場合でも、必ず設定してください。なぜならば、これまでの経験上、シナリオタイトルを適切に設定しておくと、「戦略的対話」が起こりやすくなるからです。

「戦略的対話」とは、複数シナリオを共有することで生まれる組織内の非公式なやり取りだとお伝えしました。戦略的対話を起こしやすくするためには、複数シナリオの内容を共通言語化することが大切です。このとき共通言語となるのが、シナリオタイトルなのです。

出所:『実践 シナリオ・プランニング

 

このようにして、それぞれの分野での「言語化」に関する観点を引用してみると、似たような意味合いを持っていることがわかります。

パターン・ランゲージという言葉があることで、デザインや実践について語りやすくなるという主張は、シナリオプランニングにおいてシナリオタイトルがあることで戦略的対話を起こしやすくなるという点と重なります。

単発の研修などでシナリオプランニングに取り組む場合には、なかなかシナリオタイトルまでつけるところまではいかないのが実情です。

しかし、プロジェクトなどでシナリオ作成に取り組み、完成したシナリオを活用していく場合には、必ずシナリオタイトルをつけるようにしています

このようなシナリオタイトルの重要性を踏まえて、プロジェクトなどで本格的にシナリオプランニングに取り組む場合はもちろん、未来創造ダイアローグに取り組んだ際の仕上げとして、シナリオタイトルをつけることにチャレンジしてみてください。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。