シナリオプランニング実践・学習の3段階【Stylish Ideaメールマガジン vol.265】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオプランニングの本を読むと、2軸を使った複数シナリオのつくり方として、

「不確実性が高く、影響度が大きい要因から2つの外部環境要因を選んで、軸をつくり、それを組み合わせて複数シナリオをつくります」

というような解説がのっています。

たしかに、このとおりなのですが、新刊『実践 シナリオ・プランニング』では、複数シナリオのつくり方を、次のサブステップに細分化して紹介しています。

(1) 軸の作成
(2) 2軸の組み合わせ
(3) 複数シナリオの中身の検討

これまでの解説を3つに分けただけだと見ることもできますが、この3つに分けることは、複数シナリオを完成させるまでに3つのチェックポイントがあることを意味しています。

大まかに言うと、

(1) 作成した軸はこれで良いのか?
(2) 軸の組み合わせはこれで良いのか?
(3) この複数シナリオの中身はプロジェクト等の目的にかなったものになっているか?

という3点をチェックすることになります。

さらに、この3つのサブステップに分けることは、シナリオプランニングの実践や学習にもつながってきます。

新刊『実践 シナリオ・プランニング』では、シナリオプランニングの実践を次の3段階に分けています。

第1段階:未来創造ダイアローグ【書籍 第4章で解説】
→シナリオを読み、対話する

第2段階:未来創造ダイアローグ+(プラス)【書籍 第5章で解説】
→用意された軸を組み合わせてシナリオをつくり、
 対話する

第3段階:シナリオプランニング【書籍 第6章で解説】
→ゼロからシナリオプランニングを実践する

この実践の3段階と、冒頭で紹介した複数シナリオ作成の3つのサブステップは次のように対応しています。

第1段階:(3)複数シナリオの中身の検討のみに取り組む
第2段階:第1段階に加え、(2) 2軸の組み合わせにも取り組む
第3段階:3つのサブステップすべてに取り組む

見ていただくとわかるとおり、紹介している3段階の実践ステップは、3つのサブステップを逆にたどっている形になります。

この段階にすることで、実践という観点では、シナリオプランニングに取り組みを検討する際、条件(かけられる時間や予算など)によって実践方法を選ぶことができるようになります。

第1段階の「未来創造ダイアローグ」では、予め作成し複数シナリオを元にした対話を行います。

この時、「予め作成した複数シナリオ」は、弊社のようなシナリオプランニングの専門家がつくったものを使うというケースだけではなく、社内の一部のメンバーでつくった複数シナリオを他のメンバーに読み、対応策などを考えてもらうという状況にも応用することができます。

また、学習という観点では、この3段階でシナリオプランニングに学んでいくことで、「将来における複数の不確実な可能性を踏まえて対応策を検討する」というシナリオプランニングの取り組みの中でももっとも重要なステップを理解することからはじめ、段階的に複数シナリオのつくり方をマスターすることができるのです。

このように説明すると、

「学習という観点では、この3段階を進めることが意味があるかもしれないが、複数シナリオを読むだけで “実践” というのはどうなのか?」

という疑問を持つ方もいらっしゃる方もいるかと思います。

その点については、次回のメールマガジンで詳しく解説していきたいと思います。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。