社会・顧客の不確実性に着目した事業開発その1 <ロジックモデルの活用>:シナリオ・プランニング活用シリーズ3【Stylish Ideaメールマガジン vol.258】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

今回も「シナリオプランニング活用シリーズ」を続けていきます。

過去のシリーズはこちらからご覧いただけます。

・不確実な時代に耐えるパーパスを検討する:シナリオプランニング活用シリーズ 1

・シナリオプランニングにおける戦略オプション:シナリオプランニング活用シリーズ2


今回は事業開発でのシナリオプランニング活用を考えます。

事業開発にシナリオプランニングを活用する場合、「活用シリーズ2」で紹介した顧客を元にした戦略オプション検討の結果を使います。

顧客を元にした戦略オプション検討では、4つのシナリオそれぞれになった場合、

  • 既存の顧客のニーズがどう変わるのか?
  • 新たにどんな顧客ニーズに対応していくのか?

などを考えていきます。

ここまで「顧客のニーズ」と書いてきましたが、この中には、

  • マイナスの状況を解消したい
  • プラスの状況をより良くしたい

という大きく2種類が出てきます。

この中から自社として取り組むべきものを選び、事業案の元として、具体的に検討していきます。

この時に難しいのが、シナリオプランニングで長期の環境変化、例えば10年後の変化などを考えていた場合、そこから事業案にどのようにつなげていくのかという点です。

ここで活用するのがロジックモデルです。

ロジックモデルとは、公的部門や非営利組織の事業評価などのために使われ出したものです。

ロジックモデルで考える要素と関係性は次のようなものになります。

【インプット→活動→成果物→成果】

何か事業活動を行うためのリソースを「インプット」として特定し、それを活用して事業開発等の「活動」を進めていきます。

そのようにしてできた事業、製品などが「成果物」です。

何気なく考えていると、「成果物」ができれば事業としては完了と考えてしまいそうですが、その先の「成果」まで考えなくてはいけません。

この場合の「成果」とは、社会や顧客にとっての成果です。自社が取り組んだ「成果物」を使うと、社会や顧客にとってどんな価値があるのかを考えることが、この「成果」の検討につながります。

このように、自社の取り組みによって、どんなものを生み出し(成果物)、社会・顧客にどんな価値を届けるのか(成果)をロジックモデルを使って検討していきます。

さらに、ロジックモデルの「成果」は、時間軸で「短期 — 中期 — 長期」という3段階で分けて考えることがあります。

例えば、短期的にはある技術を使って顧客の生産性を上げる(負担を減らす)ことを成果としてとらえます。

その短期的な成果が積み上がって、負担が減った分を別の活動にまわすことで、これまでには実現できなかった新たな成果、つまり中期的、長期的な成果を達成できます。

このロジックモデルをシナリオプランニングとの接点として活用すると、この長期的な成果に、戦略オプション検討で考えた「顧客のニーズ」を当てはめて考えます。

そうして検討した長期的な成果を中期、短期とバックキャスティングで考えていき、考えやすいものになった短期的な成果を元に、自社としての取り組みを具体的に考えます。

このようにシナリオプランニングとロジックモデルを組み合わせて検討することで、

  • 長期的なニーズを具体的に検討できる(シナリオプランニングによる効果)
  • そのニーズからバックキャスティングで具体的な事業を検討できる(ロジックモデルによる効果)

という形で環境変化の不確実性と社会・顧客の不確実性の両方を解消するための事業開発検討を進めることができるのです。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。