シナリオを学ぶのはグループが良いのか、個人が良いのか【Stylish Ideaメールマガジン vol.249】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

長年、弊社のシナリオプランニングの研修を採用していただいているお客さまがいます。

これまでは対面で、グループワーク中心に実施してきましたが、この状況ですので、オンラインに切り換えての実施となりました。

その際、演習をどうするのかという話になり、これまでのグループワークをやめ、オンラインで個人ワークで進めることになりました。

実際に取り組んでみると、とても良い結果となりました。

慣れない手法を学ぶ際、グループで取り組むと、お互いに不足している情報を補い合ったり、考え方の違いを共有することで、大変な状況でもなんとか乗り切ることができます

そういうメリットがある半面、グループで何かをつくるとなると、どうしても個人として妥協しなくてはいけない場面も出てきます。

例えば、本当はもう少し医療のことを突っ込んで考えたいけど、それだと他の人には専門的過ぎるので、もう少し一般的な内容にする、というような妥協の仕方です。

また、グループで取り組む場合、よく理解している人がワークを取り仕切ることでアウトプットはできあがったものの、他の人にとっては理解を深める機会が少なくなったということも、しばしば起こります。

一方、個人でシナリオをつくる形式となると、妥協をする必要もなく、理解を深める機会が誰かにうばわれてしまうこともありません。

その分、行き詰まってしまったときには、そこから抜け出すのが簡単ではないというデメリットもあります。

弊社の公開セミナーでは、上で書いた内容にそうと妥協をする必要もなく、理解を深める機会を個人に持ってもらうために、基本的には個人ワーク中心で講座を進めていきます。

ただし、グループで取り組むことで得られるお互いに不足している情報を補い合ったり、考え方の違いを共有する点も捨てがたいと思い、最初に実施するミニ演習はグループで進めています。

もちろん、これまでお伝えしたようなメリット・デメリットは、絶対的なものではありません。

そのため実際の研修では、学ぶ目的や参加者の状況に応じて、グループワークと個人ワークのどちらをメインにするか、状況に応じて、それらをどう組み合わせていくのかを設計し、さらに進行しながら柔軟に変えていくことが必要です。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (12/10~17開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/20~27開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。