シナリオプランニングを使った未来起点アイデアソン【Stylish Ideaメールマガジン vol.244】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオプランニングと聞くと、シナリオを自分たちでつくるところに意識がいきがちです。

しかし、公開セミナーやこのメールマガジンでもお伝えしているとおり、シナリオプランニングでのシナリオはアウトプットではなくインプット

シナリオをつくって終わりにするのではなく、つくったシナリオを元にして、さまざまな取り組みにつなげていくことが重要になります。

では、インプットとしてのシナリオを使ってどのような取り組みをすると良いのでしょうか。

そのひとつの取り組みがシナリオを元にした未来起点のアイデアソンです。

大まかに言うと、完成したシナリオを元にして、「そのような未来に向けて、自分たちは今から何をするべきか?」を考え、発表するという形式で進めています。

この形式を基本型として、それぞれの組織の状況にあわせて、

  • 誰を集めて開催するのか?
  • 何を目的としてアイデアを出すのか?
  • 出てきたアイデアの評価基準をどうするのか?
  • 良いアイデアをどう形にしていくのか?
  • アイデアソンの前後に何をやるのか?

などを検討しながら、全体を設計していきます。

現在のように不確実な時代では、どのような組織もシナリオプランニングを使いこなすことは欠かせなくなってきています。

しかし、組織内のすべての人がシナリオをゼロからつくれるようになる必要はありません。

それよりも、予めつくられたシナリオを元に、組織内のあらゆる立場の人が、顧客のニーズの変化や、自社にとっての機会や脅威を見極めた上で、その対応についてのアイデアを出していく

そういう取り組みを全社的に進めていくことが前回のメールマガジンでもお伝えした、シナリオプランニングを組織に埋め込むことにつながっていきます

・シナリオプランニングを組織に埋め込む【Stylish Ideaメールマガジン vol.243】

最近は、シナリオ自体は弊社が作成し、そのシナリオを元にアイデアソンなどの取り組みを社内で進めていく事例も増えてきています。

全員参加型で楽しくシナリオプランニングを組織に埋め込んでいく取り組みとして、未来起点のアイデアソン、ぜひ取り組んでみてください。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (12/10~17開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/17~24開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/20~27開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。