シナリオプランニングとネガティブ・ケイパビリティ【Stylish Ideaメールマガジン vol.235】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

新型コロナによる影響が長期化してきたことで、「コロナ疲れ」とも呼ばれるような現象をさまざまなところで目にします。

そのひとつが、今起きていることを過小評価したり、都合の良い枠組みで理解すること。

そのようになってしまうと、今の状況は大したことがないもので、早晩、「元の状態」に戻るだろうと考えてしまいます。

そのような考え方の態度と対極にあるのが「ネガティブ・ケイパビリティ」です。

ネガティブ・ケイパビリティについては、同名の著書『ネガティブ・ケイパビリティ』で紹介されていますが、下記の記事でも重要な部分を知ることができます。

この記事ではネガティブ・ケイパビリティは、

「どうにも答えの出ない、どうにも対処しようのない事態に耐える能力」

と定義されています。

私たちは、目の前にわからないものが現れると、それを自分の知っている枠組みや経験に当てはめ理解しようとしてしまうことがあります。

そうすると、既存の枠組みや経験と重なる部分は理解できるかもしれませんが、外れる部分は理解することができません。

そうなると、その対象を「理解したつもり」でいながら、実際には正しく理解できていない部分も残ったままの状態になっているのです。

この状態で済めばまだ良いのですが、この状態の理解をとおして、さらに別のものを理解しようとすると、ズレはどんどん広がります。

このような悪循環に陥らないためにも、ネガティブ・ケイパビリティを意識し、わからないものを一度わからないままにしておくという決断をすることも大切です。

先ほど紹介した記事では、こうも書かれています。

「ネガティヴ・ケイパビリティは諦めることを意味していません。いまは変えられないとしても、その不確実な状態に努力して耐え、希望を見いだしていく態度です。」

シナリオプランニングで将来における不確実な可能性を考えることは、これに似ています。

未来のことを現時点で「答え合わせ」する術はありません。

そのため、どんなに厳密なプロセスを経ても、完成したシナリオが「正しい」かどうかは誰にもわかりません。

だからといって、シナリオプランニングのプロセスが意味がないわけではありません

ネガティブ・ケイパビリティについて書いた論文の著者は、

「この能力こそが対象の本質に深く迫る方法であり、相手を本当に思いやる共感に至る手立てだと。」

結論付けていたそうです。

シナリオプランニングも同じです。

シナリオを作成するプロセスをとおして、これから起きることの本質に深く迫り、何がわかっていて、何がわからないのかを明らかにします。

そして、わかっていることに冷静に対処し、わからないことについては観察を続けながら、起こり得る可能性を見極め、変化をした場合、それに柔軟に応じて動ける準備を整えておく

ネガティブ・ケイパビリティをもって、個人として、組織としてそのような状態にまでたどり着くきっかけとして、シナリオプランニングに取り組んでみてはいかがでしょうか?

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (5/12 〜19開催)【Eラーニング+平日開催】※受付終了
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (4/23開催)※受付終了
ロジックモデル活用講座 ~ 顧客の価値を元にバックキャスティングで事業を考える (4/16開催)※受付終了
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (4/14〜21開催)【Eラーニング+平日開催】※受付終了

『実践 シナリオ・プランニング』

「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。