今こそシナリオプランニングの基本に立ち戻る【Stylish Ideaメールマガジン vol.230】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオプランニングの重要性、必要性はこのような時期にますます高まってきています。

ただし、せっかくのシナリオプランニングも誤った使い方では、効果が期待できないどころか、逆効果になってしまうこともありえます。

最近はお客さまから「このような時期にシナリオプランニングをどのように使えば良いのか?」というお問い合わせをいただくことも増えました。

前回のメールマガジンでもご紹介したリスクと不確実性を混同を混同しないという点もシナリオプランニングを正しく使うために忘れてはいけない視点です。

しかし、実際にお客さまの取り組みについての相談を受けているうちに、もっと基本的なところに立ち返る必要性を痛感しています。

それは、「シナリオプランニングはこういう未来になってほしいということを考えるための手法ではない。起きる可能性があることを、自分たちの都合と切り離して考える」ということ。

連日、新聞やオンラインメディアでは、新型コロナに関するニュースが流れています。このような記事を見続けていると、少しでもポジティブなことを考えたいと思うのは自然なことです。しかし、それをシナリオプランニングでやってしまってはいけません。

シナリオプランニングは設定したテーマにおいて、起こり得ることは何かを考えるための手法。そして、その起こり得る未来の中で、組織として、あるいは個人として、最悪を避け、少しでも良い状態を実現するために、今から何に取り組むのかまでを考える。

誰もが未来が良くなればと思っているはずですし、それ自体は悪いことではありません。

しかし、現実として、今後しばらくは、そのような楽観的な見方をすることはできません。

そういう時期だからこそ、組織・個人として、今後、何が起こり得るのかを冷静に見極め、備えを考えていくべきだと考えます。

このような時期だからこそ、こういうシナリオプランニングの基本に立ち戻って考えていくのが大切です。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/10〜24)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/7〜28)
VUCA labo #006 篠原稔和さん「不確実な時代のデザインの役割」(9/30開催)
【終了】企業でSDGsを活かすためのシナリオプランニング実践法(9/23, 25開催)
【終了】未来創造ダイアローグ入門講座 (9/18 & 28開催)
【終了】Afterコロナ / Withコロナの時代における『これからの未来の捉え方』(9/15開催)

シナリオプランニング実践ガイドブック

シナリオプランニングに関心があるすべての人のために作成したのが、この「シナリオプランニング実践ガイドブック」です。

実践に使えるためのわかりやすさを意識して書いていますが、同時に本格的であることも意識しています。一般的なプロセスをなぞるだけではなく、さまざまな企業や自治体、学校等でシナリオプランニングを実践してきた経験を随所に盛り込んでいます。

このガイドブックが、未来を描く旅のガイドになれば幸いです。