「良いシナリオ」や「悪いシナリオ」という誤解【Stylish Ideaメールマガジン vol.225】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオプランニングでは、設定したテーマや自社の状況を念頭におき、それらに影響を与える不確実な要因を元にして複数の世界を検討します。

検討した複数の世界のことを「シナリオ」と呼び、そのような複数のシナリオを元として、顧客ニーズの変化や自社の対応を検討することを「シナリオプランニング」と呼んでいます。

ただし、この「シナリオ」という言葉は、シナリオプランニング以外の場面でもよく使われています。

そのひとつが、未来のある状態を想定し、想定よりも良くなった状態を「ベストシナリオ」、悪くなった状態を「ワーストシナリオ」として考えるような場面です。

たしかに、この考え方はシナリオプランニングとよく似ていますが、シナリオプランニングとこの考え方の大きな違いは、何を前提として複数のシナリオを考えているのかという点です。

「ベスト/ワーストシナリオ」という形式で考える場合、通常は、ひとつの想定を前提とし、その振れ幅(ぶれ)の範囲の上限と下限をシナリオとして表現します。

一方、シナリオプランニングで考えるシナリオは、通常は、4つをまったく別の前提で描きます。そのため、まったく違う、それぞれが独立した複数の世界(シナリオ)がつくられます

そうではあるのですが、複数のシナリオを並べてみると、どうしても「これが良いシナリオ」「これは悪いシナリオ」というように、わかりやすい価値判断をしたくなってしまいます。

しかし、シナリオプランニングでは、通常、個々のシナリオに「良い」「悪い」といった画一的なラベルをつけることはありません

たしかに自社にとって都合の良いシナリオというのはあり得るかもしれませんが、そのシナリオになったとしても、すべてにおいて「良い」ということはないでしょう。

現在のように、明らかに悲観的にしか見られない状況の中でも、見る視点や見る時間軸などを変えてみると、そこに機会があるかもしれません。

一見「良い」ように見えるシナリオの中にリスクを見出し、そのための備えをする。

一見「悪い」ように見えるシナリオの中に機会を見出し、その活かし方を考える。

このようなプロセスをとおして、自社や自分が明確に意識せずに抱いている環境や自社を見る「思い込み」に気づくことが、シナリオプランニングに取り組む価値なのです。

そのような価値を十分に享受するためにも、シナリオをつくる際についつい抱いてしまう「良い/悪い」という見方を捨て、世の中はもっと多様で複雑であるという前提でシナリオプランニングに取り組みましょう。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。