“面白い”シナリオは必要なのか?【Stylish Ideaメールマガジン vol.222】

メールマガジンバックナンバーシリーズ
イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

プロジェクトなどでシナリオを作成するために、いろいろな軸の組み合わせを試しているとき、

「この組み合わせは “面白い” / “面白くない” なぁ」

という声が参加者から出てくることがあります。

こういう声が出てきたとき、参加者として、あるいはファシリテーターとしては、そこで出てきている「面白い」という言葉の意味を正確に理解するための確認をする必要があります。

そういう場面で出てくる「面白い」という言葉は、

  • 斬新だ

という意味合いで使われることが多いです。

未来のことを考えるので、たしかに斬新さは大事な要素のように思えます。

しかし、だからといってSFやアニメで出てくるような世界観が描かれているシナリオが良いというわけではありません。

私がOxfordでシナリオプランニングを学んだ際に言われたことが、

「クライアントが “絶対に起きない” と考えていることに目を向けろ」

というものでした。

シナリオプランニングは、長期的な視点で自社を取り巻く環境要因の不確実な変化の可能性を考え、それに対する備えを検討する手法です。

そのように考えると、シナリオプランニングに取り組む際に考えるべき

「面白い」

は、奇抜であるとか、斬新であるというような世界観自体の面白さではありません。

そうではなく、これまでに考えもしなかった、しかし、言われてみれば考えなくてはいけない要素が含まれている世界観こそがシナリオプランニングで考えるべき面白さです。

そのように考えると、弊社の公開セミナーでもよく強調しているように、シナリオプランニングをやる前に現状分析を行うことの重要性も理解できるのではないでしょうか。

未来創造ダイアローグ入門講座 (7/20開催)New!!
【リアル開催】シナリオプランニング・ワークショップ (6/28開催)
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】未来創造ダイアローグ入門講座 (6/9開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (5/14~21開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】【無料セミナー】パーパス時代の”未来創造リーダー”育成の勘所 – 組織でのシナリオプランニング活用を考える連続セミナー 第1弾 (4/14開催)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。