シナリオプランニングで視野を広げるとは?【Stylish Ideaメールマガジン vol.217】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオをつくるワークショップや研修では、参加者の人がつくったシナリオのブラッシュアップのためのアドバイスをすることが多々あります。

そのアドバイスは、もちろん、それぞれのシナリオの出来で変わってきますが、たくさんのシナリオを見ていると、いくつかの共通的な特徴があることがわかってきます。

そのうちのひとつが
「もっと視野を広げて考えてください」
というもの。

この「視野を広げる」というアドバイスは、シナリオプランニングに限らず、いろいろなところで言ったり言われたりしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、このアドバイス、表面上はわかった気になるものの、実際にはどのように改善していったら良いのか、なかなか見当がつかないアドバイスでもあります。

そういう時は、言葉の意味に戻って考えます。

三省堂国語辞典によると、「視野」とは「考え方や見方のおよぶ範囲」と書かれています。

そうすると「視野を広げて」と言われている時は、「考える範囲や見る範囲を広げてみて」と言われていることになります。
(実際、そこまで考えて言っていない人も少なくないのが実情ではありますが…)

では、シナリオ作成において「視野を広げる」とは何をすれば良いのでしょうか?

ひとつには、「時間」という観点から考える範囲や見る範囲を広げていきます

しかし、これは、そもそもシナリオテーマで「10年後」というように時間を設定しているので、気づきやすい観点ではあります。

時間ほど気づきやすくはない、別のものに「立場」という観点があります。

通常、私たちは世の中の変化などを考える際、知らず知らずのうちに、「自分の立場」だけで見たり、考えたりしてしまっています。

しかし、実際には社会はさまざまな「立場」の人から成り立っています。

  • 自社製品やサービスを使う消費者
  • 調子が悪いときにかかる医療関係の人
  • 地域にかかわる行政などの人

などなど、挙げていけばキリがありません。

そこで挙げてみた、さまざまな人の「立場」になって未来のことを思い描いてみようとすれば、自然と考える範囲や見る範囲は広がるはずです。

自分や自社、あるいはその近辺だけを見ていても、不確実な未来の可能性は見えてはきません。

「時間」と「立場」という観点から考える範囲や見る範囲を広げる、つまり視野を広げていくことで、これまでなら想定していなかった未来の可能性に気づくことができるはずです。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。