シナリオプランニングで考えるのは不確実な世界だけではない【Stylish Ideaメールマガジン vol.216】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

先日、東京工業大学のリーダーシップ教育院でシナリオプランニングを使った授業を担当しました。

参加者は東工大に通う大学院生が中心。
留学生も含む彼らは、普段は専門性の高い分野の研究に取り組んでいます。

シナリオプランニングをとおして、日本社会が抱えている課題を理解してもらい、その理解を踏まえ、自らの研究分野を新しい視野・視点で見てもらえるようになることがこの授業の目的のひとつです。

授業では10年後の日本社会がどうなるのかを考えるためのシナリオを作成し、自分がつくったシナリオから大きな気づきを得た学生が何人もいました。

彼らに共通していたのは、

10年後の日本におけるほぼ確実な状態をしっかりと認識できたこと」

でした。

こう書くと、

「シナリオプランニングは、不確実な未来を見るものじゃないの?」

と思う人もいるかもしれません。

たしかにシナリオプランニングでは、不確実な要因を元にして、複数の世界を描きます

しかし、弊社では複数の世界(シナリオ)を描く前に、必ず「ベースシナリオ」を描きます。

ベースシナリオの詳細は、公開している「シナリオプランニング実践ガイドブック」をご覧ください。

・シナリオプランニング実践ガイドブック 無料ダウンロード

簡単にご紹介すると、ベースシナリオとは、「設定したテーマにおいて、ほぼ確実だと考えられる世界を描いたもの」のことです。

例えば、今回の授業で扱った10年後の日本社会のベースシナリオの中には、

  • 高齢化の進展
  • 少子化の進展
  • 労働力人口減少

などの要因が含まれます。

今回の授業では、これらの要因について、表面的な情報として知ってもらうことを超えて、

  • 10年後における予測データを調べてもらい、
  • そうなった日本を想像してもらい、
  • その中にいる自分たちを想像してもらう

ということを、限られた時間で行いました。

こうすることで、不確実な未来を考える前に、これからの日本社会が抱えるであろう課題を自分事として実感することができました

たしかに、シナリオプランニングの醍醐味は不確実な未来の可能性を描いていくことです。

しかし、不確実な情報をネットなどで調べた上で、定められた手順のとおりに未来を描いたとしても、それは「自分とは関係ない未来の世界の話」で終わってしまいます。

そうではなく、まずは定められたテーマにおいてほぼ確実な世界を描く

しかも単に描くだけではなく、その世界における個人や自社、事業の未来の影響を十分に検討し、自分事として実感するまで考えていく。

このように、シナリオプランニングに取り組む目的をぶらさずに手順を進めていくことで、本当の意味でシナリオプランニングを活用できる個人や組織になっていくことができるのです。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (12/10~17開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/20~27開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。