一歩先の組織能力を考えるためのシナリオプランニング【Stylish Ideaメールマガジン vol.211】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

連休中、Evernoteの整理をしていたら、2016/10/16日経新聞朝刊に載っていた「半歩遅れの読書術」の切り抜きを見つけました。

その時の執筆者は哲学者 國分功一郎氏。
記事の中でドイツ語学者関口存男氏が書いた文が引用されていました。

世間が面白くないときは勉強に限る。
失業の救済はどうするか知らないが個人の救済は勉強だ。

関口存男氏がこれを書いたのはいつだろう?と思って調べていくと、昭和6年に出版された『獨逸語大講座』だということがわかりました。

(参考:[書評]関口・新ドイツ語の基礎(関口存男・関口一郎): 極東ブログ )

昭和6年というと1931年。今から88年前のこと。

この年には柳条湖事件が起き、それが満州事変につながっていくという時代。

そんな時代の空気を読み取って、関口存男氏は「世間が面白くない」と書いたのでしょうか。

ただ、そんなことを知らされず、最近言われていることだと言われたとすると、違和感なく読めてしまうような内容です。

そして、これは今の個人に当てはまると同時に、今の組織にも当てはまるものでしょう。

つまり、世の中が不安定な今の時代に、組織を救済するものは「勉強」だと言えます

もちろん、組織の「勉強」は個人の勉強と同じではありません。

組織にとっての「勉強」とは、組織能力、特に人材育成や組織としての能力の蓄積に取り組んでいくことです。

組織能力を蓄積していくことが組織にとっての救済だとして、では、どういうものを蓄積していけば良いのか。

それを考えるために、いろいろなところで開催されているようなセミナーに行き、流行りのテーマを押さえておくのも一案でしょう。

ただ、そういうセミナーで取り上げられているということは、他の企業も取り組もうとしている、あるいは既に取り組んでいるところが多いという状況であるはずです。

そして、それが今後もずっと続くテーマだとは限りません。

そこで、シナリオプランニングに取り組む際に、「どのような組織能力を蓄積するのか?」という問いもあわせて考えていくのが良いでしょう。

シナリオプランニングで描いた複数の世界のどれになったとしても対応できるような人材を獲得し、育て、自社のノウハウを蓄積する

このように、シナリオプランニングは、組織の外のことだけではなく、組織の中のことも考えるきっかけになるのです。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。