シナリオプランニングの「使う」と「作る」【Stylish Ideaメールマガジン vol.206】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

弊社の公開セミナーやメールマガジンでは、「シナリオプランニングはアウトプットではなくインプットである」ということを繰り返しお伝えしています。

これを別の観点から考えるために、まずはシナリオプランニングの実践プロセスを「作る」と「使う」に分けて考えてみます。

そして「作る」と「使う」の区別を

  • 作る:2軸を使い4象限の世界を考えること
  • 使う:作った世界を元に、既存の戦略の見直しや新たな戦略の立案などを行うこと

と定義します。

こうやって区別すると、特に企業などでシナリオプランニングの活用を検討している人は、「使う」の方がより大切だということを実感していただけるのではないでしょうか。

なぜ「使う」の方がより大切なのかというと、「使う」が定義されることで初めて「作る」の方向性などを決められるからです。

これを料理にたとえると、「使う」に相当する「食べる」が決まることで、「作る」の方向性が変わってくるということ。

仕事から帰ってきた自分が1人で「食べる」のか、大切な誰かと一緒に「食べる」のかによって、「作る」が変わると言えば実感できるでしょう。

しかし、料理ではなく経営のフレームワークや手法になってしまうと、ついつい「使う」よりも「作る」方に注意がいきがちになってしまいます。

そのため、どう「使う」のか、という本来の目的が明確にされないまま、「作る」ことそのものが目的にすり替わってしまうことが良く起こります。

こうして、「作る」ことが目的になってしまった「使われない」成果物が作られてしまうのです。

皆さんの経験を振り返ってみても、

  • 上司に言われたから作ったSWOT分析
  • 「作ることになっているから」作るWBS
  • 自社を右上に置きたいだけの謎のマトリクス

などなど、「なんだ、これは?」と言いたくなる成果物を目にしたり、ともすれば作った経験が一度ならずあるはずです。

いきなり誰かに「料理作って」とだけ言われたら即座にいろいろ浮かんでくる質問も、いきなり上司に「SWOT作って」と言われると一切出てこないのは本当はおかしな話しなのです。

弊社が公開セミナーなどでご紹介しているシナリオプランニングの実践プロセスは、7つのステップで構成していますが、そのうち「作る」は5ステップ、「使う」は2ステップ。

こうやって分けてみると、たしかに「作る」に意識が向いてしまうのも理解できます。

しかし、「作る」ためには「使う」ところが定まっていなければ、ということを思い出し、まずは目的を明確にするというところから、シナリオプランニングやそれ以外の経営手法に取り組んでいってください。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。