シナリオプランニングと風洞試験【Stylish Ideaメールマガジン vol.204】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

「風洞試験」あるいは「風洞実験」という言葉を聞いたことがありますか?

風洞と呼ばれる人工的に風を発生させる装置を使い、飛行機や鉄道、自動車、建築物などの設計に活かすために行う実験のことを指します。

言葉で説明するよりも、動画を見た方がイメージがわきやすいかもしれませんね。

・飛行実演風洞実験装置 – YouTube

・Wind tunnel 風洞実験装置のビデオ – YouTube

2番目の動画のタイトルにある wind tunnel という単語が「風洞」の英訳です。

私がOxfordでシナリオプランニングを学んだ際、シナリオプランニングをやる意義を説明するのに、この wind tunnel という単語が使われていました。

最初は「なんで、風洞が?」と思いましたが、風洞を複数シナリオ、風洞の中に置く飛行機を自社の戦略に置き換えるとイメージができます。

飛行機が空を飛ぶ際に、事前にどのような風が吹くのか、完全に予測することはできません。

そのため、飛行機がさまざまな種類の風にさらされることを想定するため、風洞を使います。

風洞を使って、飛行機が遭遇する、さまざまな風のパターンを再現し、その風による飛行機への影響を観察し、飛行機の設計を見直していきます。

同様に、作成した戦略や事業計画、企画案などは、今後、どのような外部環境の変化にさらされるのか完全に予測することはできません。

そのため、戦略などが受ける影響を想定するため、風洞の代わりに、未来の起こり得る可能性を描いた複数のシナリオを活用するのです。

シナリオを使って、戦略などが影響を受ける、さまざまな外部環境の変化を再現し、影響を見極め、自社の戦略などを見直していくのです。

自社の製品やサービスは、さまざまな使われ方を想定して事前にさまざまな試験をしているのに、肝心の戦略は、過去の延長や当てずっぽうで作ってしまっているというのは、もったいない。

ぜひ、戦略や経営計画、企画を検討する際にも、シナリオプランニングを活用して、未来の影響に対する「試験」を行ってみてください。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。