シナリオプランニングを「こってり」やる理由【Stylish Ideaメールマガジン vol.203】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオプランニングのワークショップをやると、時折、以前に別の機会でシナリオプランニングを実践したことがあるという方がいらっしゃいます。

そういう方が、以前の体験と比較して、弊社がやるワークショップや研修の感想を伝えてくれることがあります。

先日はある経営者の方から、「新井さんのシナリオプランニングのワークショップの進め方はこってりしてるね!」と言われました。

何か自分の性格のことを指摘されているようでドキッとしましたが(笑)、せっかくの機会なのでどういう点でそう感じたかを尋ねてみました。

そうすると、いろいろな点で感じたが、特に、

・何度もシナリオをブラッシュアップしていく点
・ブラッシュアップしていく過程で、ファシリテーターである自分が判断するよりも全体での対話を重視している点

で、そう感じたとおっしゃっていました。

やはり、性格を指摘された感じがしましたが(笑)、もちろん、そうしているのには理由があります。

いつもお伝えしているように、シナリオプランニングはアウトプットではなくインプットです。

その点から考えると、シナリオ自体を考えることも大切ですが、完成したシナリオを踏まえて、未来の可能性を自分事として考えることが大切。

しかし、だからといって、シナリオを完成させる過程が大切ではないというわけではありません。

上で経営者の方に挙げていただいた、

・シナリオを何度もブラッシュアップする
・その過程を参加者の対話中心に進める

という背景には、そのような過程をとおして

「さまざまな未来の可能性に触れて、それを自分事として考える機会を増やす」

という意図があるのです。

リーンスタートアップなど、最近の事業開発の手法でも主張されているとおり、大切なのは仮説検証のサイクルをなるべく多く繰り返すこと。

事業開発では、その過程をとおして、自分たちの仮説の精度を高めていきます。

シナリオプランニングでは、ブラッシュアップの機会を多くし(もちろん、闇雲にではなく)、その機会を私の「鶴の一声」ではなく、参加者同士の対話で検証していくことで、参加者の皆さんの「未来の可能性を考える精度」を高めていくことを意図しています。

シナリオプランニングに取り組む人に、よく「これだけ長期の未来のことを考えるのに、2本の軸だけで大丈夫なのか?」と聞かれます。

たしかにアウトプットだけを見ると、そういう風に考えてしまうのはよくわかります。

しかし、というか、だからこそシナリオを作成する過程を「こってりしたもの」にするのです。

アウトプットを完成させる過程を繰り返し、対話をとおして行うことで、未来のいろいろな可能性を頭の中にストックしていく。

そういう過程から作り上げられたシナリオは「2本の軸」以上の可能性を考えられるものになっているのです。

(ちなみに「2本の軸だけ」の懸念に関して手法の面から考えると、軸だけに目を向けず、「シナリオ詳細分析」というステップをとおして2本以上のことを考えるという対処法をとりますが、それはまた別の機会に紹介します)

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。