モチベーションに頼らない目標達成【Stylish Ideaメールマガジン vol.197】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

冒頭の案内でもご紹介したこちらの講座。

・目標達成のための長期計画作成と自分マネジメント講座 (1/14)〔東京開催〕

講座案内でも書いているように、私自身、目標設定やタスク管理についての本やツールはいろいろと調べては試しを繰り返してきました。

そういうものをまとめたブログなども読み、新しい手法やツールについての知識はどんどんと蓄積されていきました。

しかし、それだけ時間をかけたにもかかわらず、そのかけた時間分の結果が得られたのか?というと、恥ずかしながら、結果は散々なもの。

時間をかけた結果、単なる「手法マニア」、「ツールマニア」になっただけでした。

そして気づいたのは、目標の立て方「だけ」やタスクの管理の仕方「だけ」を学んでも、立派な目標や完璧なタスクは立てられるものの、実行する際に必ず行き詰まるということでした。

なぜ行き詰まってしまうのか?

それは、目標やタスクを考える前に、「どんなことがあっても、これを実現したい」という、自分の根っこにあるそもそもの部分を明確にしていなかったからなのです。

本来、自分はこういう人だという理解。
長い目で考えた時にやりたいことの理解。
その過程で起きるであろう困難の理解。

そして、そういう困難があったとしても、「それでもこれを実現したい」ということの理解。

これらの理解があって初めて、取り組むべき目標、そして、それを実現するためのタスクが決まっていくのです。

そういうことを理解せず、目標を立て、タスクを決めたにもかかわらず、実際は実行できなかったとき、しばしば「モチベーションのなさ」が理由に挙がります。

しかし、上に挙げたようなことを理解した上で、やるべきことに取り組むことができていれば、たとえそれが面倒なタスクであったとしても、その実行に「モチベーション」は不要なのです。

そのような本質的なところに目を向けずに「モチベーションがないから、モチベーションを上げよう」と言っていても、実際は何も変わりません。

むしろ「モチベーションを上げられない」自分に嫌気がさして、悪い循環に入っていくだけです。

日々のタスクがうまくこなせないときに目を向けるべきものは、タスク管理の本ではなく、自分自身の中に元々あるものではないでしょうか。

うまくいかなくなった時は自分自身に戻る。

そのための材料を整えることができさえすれば、もはや「モチベーション」は必要ありません。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。