どの範囲で自社を見ているのか【Stylish Ideaメールマガジン vol.196】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオプランニングのワークショップでは、ファシリテーターとして、グループワークのいろいろな要素を見ています。

その中でもグループワークで出ている内容に絞り込むと、よく気にしているのは

「この人は、どういう範囲で自分たちをとらえているのだろうか?」

ということ。

わかりやすいところで説明をすると、自社の競争環境を見ている範囲がどうかはファシリテーターとして気になるところです。

話しを単純化すると、自社の競争環境をいわゆる「業界」の中だけで見ていては危険です。それはあくまでも提供者側の視点だからです。

例えば、

「マクドナルドの競合はどこですか?」

という質問を自分がマクドナルドの社員という想定でされた場合、おそらく有名なハンバーガーチェーンの名前があがるでしょう。

しかし、あなたが手軽にランチを取れるお店を探しているビジネスパーソンの立場で考えた場合、出てくる競合の名前はまったく違ったものになってくるはずです。

おそらく出てくるのは、

・近場にあるラーメン屋
・近場にある牛丼チェーン
・近場にあるコンビニエンスストア

などが出てくるかもしれませんし、もしかすると「食べない」という選択肢も出てくるかもしれません。

このように昼休みになると当たり前のように自分がしている頭の使い方も、なぜか「会議室で事業を考える」という状況に置かれると、急に凝り固まってしまいます。

ワークショップ中にこのような場面に出くわした場合は、一度、その手を止めてもらい、自分たちの事業を取り巻くステークホルダーを出してもらいます。

(そもそも、こういう状況にならないように、最初からステークホルダーを考えるための時間を取ることももちろんあります)

前回のメールマガジンで紹介した時間と空間の話しで言えば、

・マネジメントにおける「空間」と「時間」【Stylish Ideaメールマガジン vol.195】
http://www.stylishidea.co.jp/2018/12/06/newsletter-0195/

さまざまなステークホルダーの立場に立って自社の状況を見るというのは、いわば自分が立っている「空間」を変えてみることと言っても良いかもしれません。

このようにシナリオプランニングを実践する際は、単に時間を先に延ばして考えるだけではなく、考える範囲を切り換えるためのあらゆる工夫をしていくことで、自分たちの見ている世界を広げていく機会をつくっていくのです。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。