環境の変化から自由になるためには【Stylish Ideaメールマガジン vol.189】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

生物学者の福岡伸一氏が『新版 動的平衡』の中で、脳のバイアスについて、いろいろな観点から紹介している章があります。

その章の最後に「なぜ、学ぶことが必要なのか」という項目があり、最後にこうまとめています。

このことから、私たちは重要な箴言を引き出すことができる。「直感に頼るな」ということである。
つまり私たちは、直感が導きやすい誤謬を見直すために、あるいは直感が把握しづらい現象へイマジネーションを届かせるためにこそ、勉強を続けるべきなのである。
それが私たちを自由にするのだ。
『新版 動的平衡 – 生命はなぜそこに宿るのか』64ページ)

実際に、ここまでの内容を読んでいただくとわかるのですが、この「直感」という言葉は、錯覚など脳のバイアスを意識せずに考えたり、判断することを指しています。

組織の文脈に置き換えると「思い込み」と言い換えてもような意味合いで使っています。

ここで「思い込み」と気楽に使いましたが、私たち自身が、自分で気付いていないからこそ「思い込み」と言われるわけです。

もし、自分で気付いているなら、それは自分にとって「1つの視点」でしかありません。

その「1つの視点」が全てだと思ってしまっている状態が「思い込み」というわけです。

では、この「思い込み」から抜け出すためにはどうすれば良いのか?

それは上で書いてきたことの逆をたどること、つまり、自分が今、世の中や目の前の事象を見ているのが「1つの視点」でしかないということに気がつくことです。

ただし「今のこの視点は1つの視点でしかない」と思うだけでは、当然のことながら不十分です。

本当の意味で「1つの視点でしかない」と思うためには、その1つ”以外”の視点、つまり複数の視点を持つことで実現できるのです。

例えば、これまでの経験から、自社を取り巻く現在の環境は、今後Aという方向にしかいかないと思っているのは「1つの視点」です。

そこから視点を増やし、今後の方向性としてBやCやDの可能性も考える。それによって、自分たちの将来を見誤ること、福岡氏の言葉でいえば「誤謬」を避けることができるのです。

このように複数の視点を持ち、未来に対する「誤謬」を見直すために取り組む手法がシナリオプランニングなのです。

ただし、シナリオプランニングは、単に複数の未来を考える手法ではありません。

プロセスとしてはそのとおりなのですが、シナリオプランニングをとおして行うことは、私たちを取り巻き、未来に対して影響を与える環境変化を学習し続けることなのです。

もう一度、福岡氏の言葉を引用しましょう。

直感が導きやすい誤謬を見直すために、あるいは直感が把握しづらい現象へイマジネーションを届かせるためにこそ、勉強を続けるべきなのである。
それが私たちを自由にするのだ。

思い込みによって世界を見誤ることを避け、思い込みでは把握しにくい世界を想像するため、シナリオプランニングをとおして学習をする。

そうすることで、私たちを取り巻く環境の変化に翻弄されることもなく、無理に抗うこともなく、その変化に合わせて自分たちを変化させられる。

このように、シナリオプランニングが私たちを想定外の環境変化による影響から自由にしてくれるのです。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (12/10~17開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/20~27開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。