<わからない>に居続ける【Stylish Ideaメールマガジン vol.187】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

数年前に、複数の企業合同で実施した、かなり大がかりな次世代リーダー育成プログラムに携わったことがあります。

先日、その企画に携わった人と久々に会って、いろいろなことを話していました。

その中で、

「あのプログラムに参加していたメンバーの中で、その後、本当にリーダーポジションに着いた人はどんな人なのか?」

という話しになりました。

幸いそのプログラムの評判が良く、プログラム後も参加者との交流が続いており、誰がどうなったのかを追うことができます。

プログラム参加者の現在のポジションと、当時のプログラム中の様子を思い浮かべると、結果を出している参加者には共通している特長があるという結論にたどりつきました。

その特長とは、

「わからない状態に居続ける」

というもの。

そのプログラムの初期のフェーズで、数日かけてシナリオプランニングを実施しました。

たしかにシナリオプランニングは難しい手法で、ほとんどの参加者が苦戦していました。

苦戦している中でも、「もう、これは、こんな感じでいいよ…」と、苦戦している状態、つまり、わからない状態から早いところ抜け出す方法を選んでしまっていた参加者がたくさんいました。

しかし、そういう中にいて、「いやぁ、ちょっと、これ、もう少し考えようよ」と、わからない状態を安易に解消しようとしない参加者もいたのです。

わからない状態を解消しようとしなかった参加者、言い換えると「わからない状態に居続ける」ことを選んだ参加者のほとんどが、プログラム後、大きな成果を上げていたメンバーだったのです。

いま、世の中を見渡すと、「わかりやすさ」を過剰に売りにしたものであふれています。

・わかりやすさが売りになっている書籍
・わかりやすさが売りになっている勉強法
・わかりやすさが売りになっている読書法

もちろん、そういったもの全てがダメだと言っているわけではありません。程よい「わかりやすさ」が必要な場合もあります。

ただ、過剰なほどにわかりやすさが強調され、それに慣れてしまうことで、「わからない状態」を嫌がる人も増えているのも事実です。

しかし、

・未来に向けて事業を考える場面
・未来に向けて組織を変える場面
・未来に向けてキャリアを変える場面

などは、「わからない状態」であふれています。

そして、私たちはますます「わからない状態」が強まっていく時代で仕事をし、キャリアを選び、日々の生活をしていかなければいけません。

そういう中では、安易にわかりやすさに頼らず、「わからない状態」というのを無闇に嫌がったり、「悪いことだ」と誤解したりすることなく、「わからない状態に居続ける」選択をする。

その「わからない状態」の中で、仮説を立て、検証をし、最終的な意思決定をして、さらに、その結果を元にして新たな仮説を立て…というサイクルを繰り返していく。

そんな実践をできる人こそが、次世代のリーダーにふさわしい人物だと痛感した出来事になりました。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。