実践コミュニティの「社長」は誰か?【Stylish Ideaメールマガジン vol.184】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

先日大阪で開催した実践コミュニティ・コーディネーター養成講座について、今回新たにいただいた感想から、実践コミュニティを考える際に忘れてはいけない点を考えていきたいと思います。

後半の「コミュニティ・キャンバス」の作成では、「提供価値」をしっかりと定めることが必要であり他の事業やサービスの設計と同じように事前のデザインが重要であることを学びました。

Communication Lab. Beyond words 越様

「コミュニティ」という言葉から、なんとなく「人の集まり」というイメージをし、いろんな人が集まる場を定期的に作っておけば良いと思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし「実践コミュニティ」というのは、あくまでもビジネスに活かすことを念頭に置き、勉強で終わることなく、実務に適用する、つまり「実践する」ことを目指している人たちの集まり(コミュニティ)なのです。

このような基本的な定義に戻ってみると、実践コミュニティを立ち上げる際に、「提供価値」を考えなくてはいけない必要性がよくわかるのではないでしょうか。

言い換えれば、実践コミュニティの立ち上げは、新しいビジネスを立ち上げるのと同じだと言っても言い過ぎではないかもしれません。

そう考えると、今回のセミナーのテーマにしている「コミュニティ・コーディネーター」という存在はいわば「実践コミュニティの社長」と言える人。

私自身の経験や、今回のセミナーで初公開する「コミュニティ・キャンバス」の要素を見ても、実践コミュニティの立ち上げには、ビジネスの基本がすべて詰まっていると感じます。

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (5/12 〜19開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (4/23開催)※受付終了
ロジックモデル活用講座 ~ 顧客の価値を元にバックキャスティングで事業を考える (4/16開催)※受付終了
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (4/14〜21開催)【Eラーニング+平日開催】※受付終了

シナリオプランニング実践ガイドブック

シナリオプランニングに関心があるすべての人のために作成したのが、この「シナリオプランニング実践ガイドブック」です。

実践に使えるためのわかりやすさを意識して書いていますが、同時に本格的であることも意識しています。一般的なプロセスをなぞるだけではなく、さまざまな企業や自治体、学校等でシナリオプランニングを実践してきた経験を随所に盛り込んでいます。

このガイドブックが、未来を描く旅のガイドになれば幸いです。