シナリオプランニングで得られる「健全な危機感」とは【Stylish Ideaメールマガジン vol.176】

メールマガジンバックナンバーシリーズ

イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください

シナリオプランニングに取り組むことによって「健全な危機感」を持てるようになると解説をすることがあります。

公開セミナーやワークショップなどで何度も使っている言葉ですが、一般的にはなじみがない組み合わせであることは確かです。

そこで、「健全な危機感」とは何なのか、そして、なぜシナリオプランニングをやることで「健全な危機感」を持つことができるのかを考えてみたいと思います。

そもそも「危機感」の意味はというと

「危機がすぐそばまでせまっているという不安な感じ」(三省堂国語辞典 第七版)

となっています。

これを分解してみると、

  • 危機がすぐそばまでせまっている

という事実と、

  • それによって「不安な感じ」を持っている

という心理的な状態に分解できます。

危機がすぐそばまでせまっているという事実に気がつくことは、事業を行う上ではとても大事なことです。

しかし、不安な感じになってしまうことは良いことではありません。

不安によって、正常な思考力も低下しますし、判断力も鈍ります。

そう考えると「危機がすぐそばまでせまっている」という事実を把握しつつも、「不安な感じはない」状態がベストです。

そのベストな状態を、単なる「危機感」ではなく「健全な危機感」を持っている状態と呼んでいます。

では、なぜシナリオプランニングをやることでその「健全な危機感」を持つことができるのか?

シナリオプランニングは、

  • 日常的には考えない先の未来について
  • ひとつではなく複数の可能性を考える

という特徴を持つ手法です。

これらの特徴のうち1点目の特徴によって、危機を「すぐそばまでせまって」来る前に想定することができるようになります。

さらに、2点目の特徴によって、さまざまな可能性を事前に想定することができます。

これらの特徴が正しく反映されたシナリオを作成することができれば、危機がすぐそばまでせまってくる前に、さまざまな可能性を考慮することができます。

つまり、シナリオプランニングによって自社に取っての危機を事前にいろいろと想定でき、それによって不安になることなく、むしろ予めどのように対応するかを決められる。

こうなれば、不安ではなく、文字どおりに「健全な危機感」を持つことができるのです。

著者と語るシナリオプランニング (8/4開催)
シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/25開催)
シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】リーンキャンバス活用講座 ~ 顧客の課題を解決するビジネスモデルを考える (7/28開催)
【受付終了】『実践 シナリオ・プランニング』出版記念対談イベント【シナリオプランニング × ??】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (6/9〜16開催)【Eラーニング+平日開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。