【受付終了】ロジックモデル活用講座 ~ 顧客の価値を元にバックキャスティングで事業を考える (4/16開催)

長期視点で社会や顧客の課題の解決に取り組むためには、社会や顧客にとっての成果から考えなくてはいけません。しかし、実際には多くのプロジェクトが成果と成果物をはき違えてしまう「手段の目的化」によって失敗しています。そのような失敗を回避するために活用できるロジックモデルについて学ぶ講座です。シナリオプランニングやビジネスモデル構築などとのつながりについても解説します。

「ロジックモデル活用講座」セミナー概要

  • 日時:2021年4月16日(金)13:30〜16:30
  • 場所:オンライン(Zoomを使用します)
  • 定員:8名(最少開催人数1名)
  • 講師新井 宏征
  • 受講料:22,000円(消費税10%税込、事前振込になります)

今すぐお申し込みされる方は以下のボタンをクリックしてお申し込みください。

→本講座の受付は終了いたしました

お申し込みいただいたメールアドレスに弊社発行のメールマガジンが配信されます。メールマガジンはいつでも配信解除可能です。

「ロジックモデル活用講座」セミナー内容

VUCAの時代と言われ、その時代にどのように対応していくのかの考え方や手法に注目が集まっています。株式会社スタイリッシュ・アイデアでは、そのための手法としてシナリオプランニングに着目し、セミナーやコンサルティングサービスの提供を行っています。

このシナリオプランニングは「環境の不確実性」に取り組むものですが、組織として取り組まなくてはいけない不確実性はそれだけではありません。もうひとつ取り組まなければいけない重要な不確実性が「社会・顧客ニーズの不確実性」です。

これまで「社会・顧客ニーズの不確実性」に取り組むために、さまざまな事業開発、製品開発、サービス開発などのプロジェクトに携わってきましたが、それらのプロジェクトで必ずと言って良いほどぶつかってしまう共通した課題があることに気がつきました。それは成果と成果物を混同してしまうことです。この状況を別の言葉で言い換えると「目的と手段の混同」です。

成果と成果物、目的と手段を勘違いしたままプロジェクトを進めると、成果物(アウトプット、つまり製品やサービス)をつくることが目的となってしまい、製品やサービスは完成したが、成果は得られなかったという本末転倒の事態に陥ってしまいます。

この講座では、経営や事業、製品・サービスの成果を考えるための手法としてロジックモデルを紹介します。ロジックモデルは、公的部門や非営利組織の事業評価、活動評価などのために使われています。最近では『Outcomes Over Output』などの本で紹介されているとおり、事業開発や製品・サービス開発でもロジックモデルの活用が進んでいます。

ロジックモデルは、先ほども紹介した成果と成果物を含む、次の要素から構成されるモデルです。

  • 成果(長期・中期・短期)
  • 成果物
  • 活動
  • 資源(インプット)

これらの個々の要素とそのつながり考えていく上で、社会や顧客に対して長期的に価値を届けるために取り組むべき全体像を描くことができます。セミナーでは、このロジックモデルの本来の考え方や事業開発への応用方法についての考え方も踏まえて紹介し、成果(目的)と成果物を明確に分けて検討する考え方を演習をとおして学びます。

このセミナーを受けていただくことで、社会や顧客のニーズを元にした成果を検討し、それを元にバックキャスティングで具体的な成果物を検討し、事業開発につなげていく考え方をマスターすることができます。さらに、ロジックモデルとシナリオプランニングとの組み合わせ方についてもご紹介します。

「ロジックモデル活用講座」予定カリキュラム

  • ロジックモデルの概要
  • ビジネスでのロジックモデル活用の必要性
  • 【演習】ロジックモデル実践
  • 組織でのロジックモデルの運用
  • 振り返り

講師

新井 宏征(株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役)

SAPジャパン、情報通信総合研究所(NTTグループ)を経て、現在はシナリオプランニングや組織開発の考え方を応用し、事業と組織の両面からクライアントの変革を支援するコンサルティング活動に従事。

不確実な時代の中で、イノベーションを起こし続ける組織や人材を生み出すために必要な知識と知恵を伝えることを目的として、メールマガジンやブログ、セミナーなどで情報発信を続けている。

東京外国語大学大学院、Saïd Business School Oxford Scenarios Programme修了。

保有資格としてPMP、SAP関連資格の他、英語関連資格(英検1級、TOEIC 990点)などがある。

セミナー詳細

  • 日時:2021年4月16日(水)13:00〜16:00
  • 場所:オンライン(Zoomを使用します)
  • 定員:8名(最少開催人数1名)
  • 講師新井 宏征
  • 受講料:22,000円(消費税10%税込、事前振込になります)
  • キャンセル規定:受講者のご都合で欠席される場合には、次のキャンセル料が発生します。
    • 開催日14日〜7日前:20%
    • 開催日6日〜3日前:50%
    • 開催日2日前〜当日:100%(ご連絡なく不参加の場合も含みます)
  • 注意事項
    • 当日は秘匿性の高い情報をお伝えする可能性もありますため、セミナーの撮影・録音は、個人の使用目的も含め、お断りいたしております。
    • ネットワークビジネス、宗教、その他営業行為等は禁止いたします。
    • 一定人数に達しない場合、または講師の急病などにより、セミナーの開講を、延期または中止する場合があります。

お申し込み

以下のボタンをクリックしてお申し込みください。

→本講座の受付は終了いたしました

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。