シナリオプランニングの本質を垣間見る一文【未来創造日誌 200925】

シェルのシナリオプランニングの取り組みについていろいろ調べていた1日。

「こういうことを伝えたいなぁ」ということがバシッと表現されているこんな一文に出会う。

Scenarios are stories about the future, but their purpose is to make better decision in the present.

直訳すると「シナリオは未来についてのストーリーだが、その目的は現在においてより良い意思決定をすること」という感じ。後半の「その目的は」のところは、シナリオプランニングに取り組む目的は、という感じだろうか。

シェルのシナリオプランニングのスタンス、そしてシナリオプランニングの本質をよく表しているような一文だ。

#0012

シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (12/10~17開催)【Eラーニング+平日開催】
シナリオプランニング活用講座 プライベートレッスン
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (11/20~27開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (10/23~24開催)【Eラーニング+週末開催】
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 応用編 (9/13〜9/23開催)
【受付終了】シナリオプランニング活用講座 基礎編+実践編 (9/4~11開催)【Eラーニング+週末開催】

『実践 シナリオ・プランニング』

『実践 シナリオ・プランニング』表紙
「シナリオ・プランニング」とは、組織や個人が未来を見据え、不確実性をチャンス・機会に変えていくための思考法。

シナリオ・プランニングを活用し、自分たちの「シナリオ」を作成することで、過度に悲観的な予測に立って不安に飲み込まれることも、将来の可能性を過度に楽観視することもなく、「健全な危機感」をもって未来を捉え、将来に対する備えをしていくことができるようになります。

本書ではシナリオ・プランニングの理論的な理解はもちろんのこと、シナリオ・プランニングの「実践」をあらゆる組織で無理なく進めていくための方法論、さらには、シナリオ・プランニングの「実践」をもとに、人と組織の成長を促すヒントを解き明かします。