スタイリッシュ・アイデアがご提供する研修について


研修の考え方とメニューのご案内

そもそもなぜ研修か?

「優秀な人材」の確保が難しい時代だと言われています。先の見えない時代、組織としては短期的な効果を求める投資に目が行きがちになり、せっかく投資しても益々スピードが速くなる時代の変化に追いつけず、思ったほどの効果を得られなかったという話しもよく聞くようになってきました。

このような時代において、もっとも効率的・効果的な投資は「変化に適用できる御社なりの人材を育てていくこと」だと考えています。ここには2つの大事な点が含まれています。「変化に適用できる」と「御社なりの人材」です。

変化に適用できる人材

今の時代、10年前に通用した考え方やスキルで役に立つものはほんの一部です。昨年流行った考え方やスキルを身につけるのでさえ十分ではない場合もあります。つまり現代の人材育成において「このスキルさえ身につけておけば大丈夫」と言えるような、いつまでも通用するような考え方やスキルはあまり多くありません。

そのように少ない中でも特に重要になってくるのが、変化の兆候を読み、それに合わせて自分や組織を変えていくことに関連する考え方やスキルです。言い換えれば、これからの時代に必要になってくる人材とは、言われたことを言われたとおりにこなす人材ではなく、自ら変化の兆しに気づき、それを周りに伝え、周りを巻き込みながら、変化に先んじた行動を起こしていくことができる人材です。このような考え方やスキルは、特に次世代リーダーと呼ばれる中堅層からマネジメント層において特に重要になってきています。

弊社ではこのような人材を「変化に適用できる人材」と呼び、そのような人材を育成するご支援をオーダーメイド型でご提供しています。

御社なりの人材

ポータブル・スキルという言葉が注目されていた時代がありました。たしかに、どのような組織においても共通的に活用できるスキルはあります。

しかし、御社にとって大事なのは、自社の歴史やビジョン・ミッションを深く理解し、置かれている環境も踏まえながら、持っている考え方やスキルを柔軟に応用して使いこなしていってくれる人材ではないでしょうか?

そのような人材を育成するためには、パッケージ型、紋切り型のコンテンツでは不十分です。特に弊社が得意とする次世代リーダーと呼ばれる中堅層からマネジメント層向けの研修においては、単なる外部研修の社内版ではなく、御社の次の時代を担う人材を育成することを目的とされているはずです。

弊社ではそのような目的を念頭に置きながら、同じ研修でも「御社なりの人材を育てるためには?」という問いを持ち続けて企画から実施までを手がけています。

研修設計・実施の考え方

「研修」というと、受講生にしてみれば1日から数日会議室に閉じこもり眠気に耐えながら、自分とは関係ないテーマの話しを聞かされることというイメージがあるかもしれません。

スタイリッシュ・アイデアの研修は、研修というよりも「ミニ・コンサルティングプロジェクト」だと言えます。御社がお持ちのテーマを取扱い、受講生が自ら動き、考え、業務への活かし方を考えるところまでを見据えた研修を設計し、実施しています。

具体的には、スタイリッシュ・アイデアでは次の3点を意識して研修を設計し、実施しています。

  • アクティブ・ラーニング
  • ファシリテーション
  • リフレクション

●アクティブ・ラーニング

文部科学省の定義によればアクティブ・ラーニングとは、「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る」ものだとされています。(参考PDF資料

弊社の研修では、特に演習において、受講生が実感が持てないような一般論を題材とするのではなく、原則として御社の業界や御社が取り組んでいる内容をテーマとして演習を設計して、実施しています。これによって、研修が、業務の時間を犠牲にして受けるものではなく、新しい視点から業務を進める時間へと変わります。(ご要望に応じて自作・市販のケースを活用した内容も実施しています)

●ファシリテーション

組織における人材育成が目指すのは1人の優秀な人を育てることではないはずです。なぜなら、そのような人材を育てても、その人がいなくなってしまったら振り出しに戻ってしまうからです。

弊社の研修では、周りを巻き込みながら、チームとして組織が抱える課題に取り組んでいくことができる人材を育てることが本来の目的だと考え、ファシリテーションをテーマとした研修はもちろんのこと、それ以外のテーマを実施する場合でも、広い意味でのファシリテーションを意識した研修の設計と実施を心掛けています。

●リフレクション

リフレクション(振り返り、内省)は、それぞれの社員が継続的に成長していくために欠かせないスキルです。そして、このスキルをどれだけ研修中に意識してもらえるかで、研修後の変わり方・伸び方が変わってきます。

弊社の研修では、単なる感想を言い合うことを超え、自らの成長に活かすことができるリフレクションのスキルをお伝えし、経験学習を促進するような研修の設計と実施を心掛けています。

具体的な研修メニュー

具体的に弊社では以下のような研修メニューをご提供しています。こちらにない内容や、こちらの内容をカスタマイズした内容をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。また研修の内容を事前に体験したいという場合、弊社の公開セミナーから類似のセミナーの受講をご検討ください。

●FLP(未来志向リーダー育成プログラム)

スタイリッシュ・アイデアがもっとも力を入れているプロジェクト型の研修プログラムです。FLPとはFuture-oriented Leadership Programの略で、シナリオプランニングを強みとし、リーダーシップやイノベーション分野の翻訳を手がけている弊社だからこそできる研修プログラムです。

●シナリオプランニング研修

スタイリッシュ・アイデアのシナリオプランニング研修は、Oxford仕込みの本格派シナリオプランニングを御社のご要望に応じて実施期間やテーマなどをカスタマイズしてお届けする点が特徴です。詳しくは下記のご案内資料をご覧ください。

●イノベーション実現メソッド研修(新規事業開発/プロダクトマネジメント)

※コンテンツ準備中

●プロジェクトマネジメント研修

※コンテンツ準備中

●ファシリテーション研修

※コンテンツ準備中

●リーダーシップ研修

※コンテンツ準備中

●リサーチメソッド研修

※コンテンツ準備中

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。

新刊のお知らせ

組織でイノベーションを起こすために必要な知識が詰まった『成功するイノベーションはなにが違うのか?』発売中

4798140570
ページ上部へ戻る