シナリオプランニングセミナーの感想 (早稲田2014年度冬学期)


早稲田エクステンションセンター
「変革のためのシナリオプランニング実践講座」

<これまで受けた研修の中で、最も思考を撹拌され、前向きな未来思考に導いてくださる刺激的な研修>

時間的な制約に始まり、色々な制約の中で何がベストなアウトプットかを考え、見据えたアウトプットゴールに向かって作業を展開していくのが 、わたしの普段の仕事の基本動作です。

シナリオプランニングの場合、敢えて制約を設けず、思考枠を広げて10年後20年後のあらゆる業界の外部環境を拾い上げていくことから始まります。何がアウトプットになるのかもわからないまま作業は進み、全く知らない世界、それも自分にとっては望ましくもない世界を知ったり、想像することも多くありました。

癖のように染み付いた基本動作からすると、足場が固まっていないようでとても不安でした。知らないことを知り、想像することは、恐くもありましたが、想像した上でどうするかが重要なことなのだと思い、勇気を持って受け入れようと 積極的に取り組みました。

そんな不安な中で、挫折しないように、先生はひとり一人の理解進捗に合わせて丁寧にサポートしてくださり、個人の成長を支援くださいました

どんな研修も成長のきっかけにすぎないと思っておりますが、新井さんのシナリオプランニングの研修は、これまで受けた研修の中で、最も思考を撹拌され、前向きな未来思考に導いてくださる刺激的な研修だったと感じています。

もともと、自分の思考の限界を取り払いたく参加させて頂きましたが、最終成果は想像以上でした。

思考の癖はリセットされ、先々の個人としての課題設定はクリアになり、研修を終えた今は、より一層 の知恵をつけて 未来開拓に積極的に取り組んでいきたいと思っています。

これから未来開拓をしようとされている方には ぜひ新井さんのシナリオプランニングの講義への参加をおすすめしたいですし、講義後の勉強会でも、意見交換しながら一緒に成長していけたらうれしいです。
(メーカー勤務 Y・I様)

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。

新刊のお知らせ

組織でイノベーションを起こすために必要な知識が詰まった『成功するイノベーションはなにが違うのか?』発売中

4798140570
ページ上部へ戻る